光化学スモッグ

光化学スモッグとは

工場のばい煙や自動車等の排気ガスに含まれる窒素酸化物や炭化水素が,日光の強い紫外線を受けて化学反応が起こると光化学オキシダントが発生します。気象条件によっては,光化学オキシダントの濃度が高くなり,空が白くもやがかかったようになることがあります。この状態を光化学スモッグと呼んでいます。

光化学スモッグが発生しやすい時期や気象条件は?

光化学スモッグの発生は,4月から10月にかけて,下記のような気象条件で発生しやすくなります。

・ 気温が高い
・ 日差しが強い
・ 風が弱い

光化学スモッグの情報を得るには?

茨城県,全国の発令情報,速報値等をご覧いただけます。

茨城県大気汚染常時監視情報

環境省大気汚染物質広域監視システム そらまめ君

光化学スモッグ注意報が発令されたら?

・ 外出や屋外での激しい運動は避け,屋内で過ごしましょう。
・ 子供や当日体調不良の方は,涼しい部屋で過ごしましょう。
・ 風向きを考えてなるべく窓を閉めましょう。 (エアコンの使用は問題ありません。)
・ 不要不急のバイク,自動車の運転は控えましょう。
(注意報発令時には市内のばい煙発生施設の事業者に対して,ばい煙排出の一時的な停止や削減をお願いしますので,みなさまもご協力ください。)
※ 注意報が発令されたことにより,直ちに健康へ影響があるわけではありません。
※ 洗濯物は屋外に干しておいても問題ありません。

光化学スモッグ発生による健康への被害

どんな症状が出るの

・ 目がちかちかする,痛い,かゆい,涙が出る
・ のどが痛い,せきが出る,いがらっぽい
・ 頭痛や吐き気,めまい,息苦しさを感じる

症状が出た場合は

多くの場合,症状は一時的ですぐ治りますが,まれに重い症状になることがあります。症状に応じて以下のように対応してください。
 
・ 屋外での運動中にあっては,運動を中止してください。
・ 室内に入り,窓を閉めるなど外の空気が入らないようにしてください。
・ 症状に応じ,うがい・洗眼をしてください。
・ 症状が改善しない場合や手足のしびれ,呼吸困難などの症状が出た場合は,直ちに医師の診察を受けてください。

被害発生の連絡

光化学スモッグによる被害が発生した際は,市役所環境保全課に連絡し,以下の項目等を報告してください。

・ 被害発生時間
・ 被害発生場所
・ 被害を受けた人の状況(人数,年齢,性別など)
・ 主な症状(のどの痛みや目がチカチカするなど)
・ 被害発生時の状況
・ 措置の状況(医師の受診の有無)
この記事に関するお問い合わせ先
環境保全課 環境対策係
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)3311
ファクス: 029-272-2435
環境保全課へのお問い合わせ

更新日:2017年05月11日