【市民大学】よくある質問

(質問1)

人気があった講座を,次年度にも開設することはできないですか?

(回答1)

講師の先生は大変ご多忙の方が多く,続けて何年も講義していただくのは難しいのですが,希望者が多かった講座や,受講生から評判の良かった講座につきましては,少し期間を置いて続編の講座を企画したいと考えております。

(質問2)

希望者の80%から90%が受講できるよう定員枠の拡大を望みます。今後も応募者が定員を超えても受講できるようご配慮をお願いします。

(回答2)

講座の定員は,通常は各講座50名としていますが,定員を超える申込みがあった講座は,収容人数が多い会場を使用することなどにより,可能な限り定員を拡大し,多くの方が受講できるよう努めています。

(質問3)

仕事をしている者でも参加しやすいよう,平日の夜や土日の開催を希望します。

(回答3)

市民大学講座は,仕事をしている方でも受講できる時間帯として,全ての講座を平日の夜間及び土曜日に開催することとしています。(講座の対象年齢等により,例外があります。)

(質問4)

平日の講義時間,19時から21時は非常によかったです。

(回答4)

夜間の講座につきましては,仕事をしている方が勤務を終了してから受講に来ることを考慮し,また講師が来られる時間帯と,会場の借用可能時間を勘案して開始時間を設定しております。

(質問5)

講座や講師は,どのように決めているのでしょうか。

(回答5)

その年の社会情勢などを勘案しながら,受講生の皆さんに満足していただけるような講座を開設するよう努めております。

(質問6)

申込みが定員を超えた場合の,第一希望・第二希望の抽選方法。

(回答6)

申込みが定員を超えた講座については,その講座を第一希望として申し込まれた方の中から,抽選により受講者を決定します。また,定員に満たない講座については,第一希望の講座に落選された方で,その講座を第二希望として申し込まれた方の中から,抽選で受講者を決定します。

(質問7)

講義を欠席する場合は,どのような手続きをするのでしょうか。

(回答7)

連絡は必要ありません。「出欠表」に「欠」と書いていただければ結構です。講義会場(ワークプラザ勝田等)への連絡はしないでください。

(質問8)

講義を欠席した場合,欠席した講義の資料を入手することは可能でしょうか。

(回答8)

次回以降に出席した時に,受付でおっしゃっていただければお渡しします。

(質問9)

テキストが必要な講座において,テキストの購入はどのようにすればよいのでしょうか。

(回答9)

第1日目の講義の日に,受付の場所で販売いたします。販売は第1日目のみで,その後は指定の書店にて購入できるように手配しております。

(質問10)

定員はどのように決めているのでしょうか。

(回答10)

会場の広さだけではなく,皆様が快適に受講できるようにとの考えの元,適正な人数とするよう配慮しております。「ワークプラザ勝田」の各会議室は,「大会議室」では100名程度,「研修室2」では 50名程度が限界と考えておりますが,講座の内容によっても違ってきますし,対応する係員の人数にも関係しますので,一様に定員を増やすことはできません。

(質問11)

講義時間は何時間ですか。

(回答11)

約2時間の講義ですが,途中で休憩を挟みます。また,講義の流れによって多少前後することがあります。なお,第1日目は,開始前に5分程度のオリエンテーションがあります。最終日は,終了の10分ほど前から,「修了証書」の授与などのセレモニーを行います。

(質問12)

一人で二件以上の申込みはできますか?また,一人で二講座の受講は可能でしょうか。

(回答12)

受講のお申込みは一人一件で,第二希望まで記入できます。また,受講できる講座は一人一講座のみとなります。重複するお申込みと判断される場合は,いかなる理由があっても無効とさせていただきます。

(質問13)

市民大学の事務局に連絡を取りたいのですが,「ワークプラザ勝田」に電話してもよいですか 。

(回答13)

「ワークプラザ勝田」は,会場を借りているだけですので,「ワークプラザ勝田」への電話等は絶対しないでください。市民大学に関する質問なども,「ワークプラザ勝田」にはしないでください。

(質問14)

出欠はどのように管理するのですか

(回答14)

会場入口に「出欠表」を置いておきますので,必ずご自分で,出席の時は丸じるし,欠席の時は漢字で欠と記入してください。「出欠表」はお名前の50音順になっております。遅刻や欠席に関する連絡はしないでください。記入は当日でなくても結構ですが,早めの記入をお願いいたします。

(質問15)

途中から出席できなくなりました。どうすればよいでしょうか。

(回答15)

「当選はしたが,参加できなくなった。」又は,「途中から出席できなくなった。」などの場合は,「キャンセル」として扱いますので,事務局までご連絡ください。 特に抽選になった講座については,落選者の繰り上げ当選も検討する必要があるので,早めのご連絡をお願いいたします。

(質問16)

何回出席すれば「修了証書」が発行されるのでしょうか。

(回答16)

7割以上の出席で「修了証書」をお渡しいたします。全10回の場合,7回出席すれば発行されます。

(質問17)

受講料は,いつ支払えばよいのでしょうか。

(回答17)

第1回講義日以降で最初に出席された時に,受付にてお支払いください。なお,お支払いの際はおつりの無いようお願いいたします。

(質問18)

座席は決まっているのでしょうか。

(回答18)

座席は自由です。ただ,エアコンの吹き出し口付近は寒かったり,日の当たる席は暑かったりします。可能な限り調整するようにしたいと思いますが,上着等により各自で対応してください。

(質問19)

講義の際に配布された資料は,その後も必要でしょうか。

(回答19)

講義の際に配布した資料は,次回以降も使用する事がありますので,必ず持ってきてください。

(質問20)

市民大学の単位を,「茨城県弘道館アカデミー」の単位として認定されるとの事ですが,どのようにすればよいのでしょうか。

(回答20)

市民大学の講座は,平成20年度から「茨城県弘道館アカデミー」連携講座として登録ております。市民大学講座を修了された方は,受講時間数が「茨城県弘道館アカデミー」の単位として認定され,規定の単位数を越えると,申請によりアカデミー賞が授与されます。詳しくは「茨城県教育庁生涯学習課振興担当(電話029-301-5318)」までお問合せください。

(質問21)

抽選の場合,第二希望を記入すると第二希望の講座にされてしまうことはあるのでしょうか。

(回答21)

第二希望の記入があるからといって,強制的に第二希望の講座にされてしまうことや,第一希望の講座への当選確率が下がってしまうようなことは,絶対にありません。公平な方法により抽選しておりますのでご安心ください。

この記事に関するお問い合わせ先

生涯学習課
〒: 312-0057
茨城県ひたちなか市石川町11番1号
電話: 029-272-6301
ファクス: 029-272-9297
生涯学習課へのお問い合わせ

更新日:2017年04月07日