ストップ!ワクチン差別

ページID1005713  更新日 2022年1月7日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナワクチンの接種は、発症や重症化を予防する効果など、ワクチン接種のメリットが副反応のデメリットよりも大きいことを確認して行っております。
しかし、接種は強制ではなく、あくまでも本人の意思に基づき接種を受けるもので、受ける方の同意なく接種が行われることはありません。

接種を受けない方には、病気やアレルギーにより接種ができない方がいるなど、様々な理由があり、そのひとつひとつが尊重されるべきものです。

ワクチン接種を受けていない人に対する接種の強制や差別、学校や職場等における不公平や、不利益が生じることのないようお願いいたします。

相談窓口

法務省人権相談窓口や厚生労働省総合労働相談コーナーでは、ワクチン接種を受けていない人に対する差別的な扱いや、感染者に対する偏見・差別など、新型コロナウイルス感染症に関連する不当な偏見、差別、いじめ等の被害にあった方からの相談を受け付けています。困った時は一人で悩まず、相談してください。

法務省人権相談窓口

厚生労働省総合労働相談センター

このページに関するお問い合わせ

健康推進課
〒312-0016 茨城県ひたちなか市松戸町1丁目14番1号
電話:029-276-5222 ファクス:029-276-0209
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。