津波浸水想定区域図

ひたちなか市地域の危険度マップその1の写真
ひたちなか市地域の危険度マップその3の写真
ひたちなか市地域の危険度マップの津波浸水想定区域図1の写真
ひたちなか市地域の危険度マップの津波浸水想定区域図3の写真
ひたちなか市地域の危険度マップその2の写真
ひたちなか市地域の危険度マップその4の写真
ひたちなか市地域の危険度マップの津波浸水想定区域図2の写真
ひたちなか市地域の危険度マップの津波浸水想定区域図4の写真

想定した津波

 過去に大きな津波被害をもたらした延宝房総沖地震(延宝5年(1677年),マグニチュード8.3),及び明治三陸タイプ地震(明治29年(1896年),マグニチュード8.6) による津波が再び発生した場合を想定してシュミレーションしたものです。

 右図は,2つの地震の震源域を示したものです。これらの想定津波による最大の浸水範囲を表示しています。

 地震の規模や震源の位置が想定と異なる場合には,ここで示したよりも大きな津波が発生したり,より早く津波が来襲する可能性があります。

 なおこの図は,茨城県が平成19年度に実施した「茨城沿岸津波浸水想定区域調査」の結果を表示しています。

延宝房総沖地震と明治三陸タイプ地震の震源域を示した図の写真

シュミレーションの条件

1.地形

現況地形(平成17年,海岸保全施設等も含む)

2.海岸保全施設等

既設の海岸護岸や堤防,防波堤などは地震や津波で被災しないものと想定

3.潮位

朔望平均満潮位(大潮の頃の満潮位)=TP+0.7メートル

ひたちなか市地域の危険度マップの津波浸水想定区域図3の写真
ひたちなか市地域の危険度マップの津波浸水想定区域図4の写真

津波から身を守るために

  1. 津波が海を伝わる速さは,海岸近くになっても大人が走るよりも早く,津波が見えてからでは逃げ切れません。
  2. 津波から逃れるためにすばやく高台や高い建物に避難しましょう。
  3. 津波の高さは,海岸の地形などの影響を大きく受けます。特に河川沿いなどは高くなりやすく危険です。
  4. 津波は2回3回と繰り返し襲ってきます。しかも,第1波の高さが最大とは限りません。
  5. 津波は高さ50センチメートル程度のものでも立っていられない可能性があり,流されるてしまうこともあります。
  6. 近所の人と協力しながら,避難所まで徒歩で避難しましょう。自動車での避難はやめましょう。

津波に関する用語の説明

最大遡上高

各地区で津波が到達する最高の標高

最大津波高

各地区の沖合いにおける最も高い標高

津波浸水深

各地の地表面からの水面の高さ

津波影響開始時間

地震発生から海岸・海中の人命,漁船等に影響が出る恐れのある津波による水位変化(初期水位プラスマイナス20センチメートル)が生じるまでの時間

津波到達時間

地震発生から津波第一波のピークが海岸に到達するまでの時間

津波に関する用語の説明のイラスト
地震発生からの経過時間の表
  • 資料出所 茨城沿岸津波浸水想定区域調査(平成19年3月)茨城県土木部河川課
この記事に関するお問い合わせ先
建築指導課
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(代表)
ファクス: 029-276-0479
建築指導課へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日