3・11 東日本大震災 ひたちなか市の記録

 平成23年3月11日14時46分,宮城県三陸沖を震源とするマグニチュード9.0の東北地方太平洋沖地震が発生しました。東北地方では最大震度7を観測,地震によって発生した10m(メートル)を超える津波は,沿岸部の市街地や地域によっては内陸まで押し寄せ,住宅や店舗等が流され,多くの尊い人命が犠牲となりました。また,福島第一原子力発電所においても地震・津波の被害を受け冷却機能が停止し,水素爆発により大量の放射性物質が施設の外部に放出される未曽有の複合災害となりました。

ひたちなか市においても,震度6弱を観測し,住宅や店舗,道路や上下水道,交通機関など,市内各所に大きな被害をもたらし,また,沿岸地域では4m(メートル)の津波によって,約500世帯が床上・床下浸水するなどの甚大な被害が生じました。多くの市民をはじめ,地域や事業者,また応援の他市町村を含む行政が一丸となって取り組んだ大震災への対応や復旧に向けた取り組み全てが,今後の防災において貴重なデータであり,また,大震災を風化させることなく後世に伝えていく必要があることから,市では記録誌を作成いたしました。

東日本大震災のひたちなか市の記録の表紙の写真

ダイジェスト版

(注釈1)ファイル容量が大きいため,ダウンロードに時間がかかります。
(注釈2)ダイジェスト版は,本編の内容を要約したものになります。

『3月11日東日本大震災 ひたちなか市の記録 ダイジェスト版』については,市役所・支所・公民館等で配布しています。
(市報 平成25年3月25日号とあわせて全戸配付をしています。)

本編

(注釈)ファイル容量が大きいため,ダウンロードに時間がかかります。

この記事に関するお問い合わせ先

生活安全課
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(代表)3211,3212,3218
ファクス: 029-271-0851
生活安全課へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日