【ひたちなか市めんこ】特設サイト

観光キャンペーンやイベントで配布している,『ひたちなか市めんこ』。

その遊び方や,めんこの写真に使われている ひたちなか市の魅力 をご紹介します。

ひたちなか市めんこの写真

ひたちなか市めんこ 遊び方

  1. 机や箱などに,写真の面を上にしてめんこを置く。
  2. ジャンケンなどで順番を決めて,いざ勝負!
  3. 自分の持っているめんこを叩きつけて
    • 相手のめんこをひっくり返す
    • 相手のめんこの下にもぐりこませる
    • 相手のめんこを下に落とす
      この3つのどれかが出来たら,そのめんこをもらえる。
  4. 成功したら続けて挑戦でき,失敗したらめんこをそのままにして,次の人と交代し,次の順番がくるまで待つ。
  5. めんこを取られなければ,ずっとそのめんこで勝負できるが,取られたら新しいめんこで勝負!

ひたちなか市めんこ 写真説明

 1.那珂湊反射炉跡

那珂湊反射炉跡の写真

幕末になると那珂湊沖などに外国船が出没するようになり,水戸藩第9代藩主徳川斉昭公は国防の必要性を強く唱え,水戸藩では鉄製大砲の鋳造を計画しました。反射炉は,大砲鋳造に必要な大量の鉄を溶解する炉で,安政元年(1854)に着工して同2年と4年に1炉ずつ完成し,大いに国防の役目を果たしました。元治元年(1864)の騒乱で破壊されてしまいましたが,昭和12年に復元されました。

2.那珂湊焼きそば

那珂湊焼きそばの写真

地元で50年以上前から愛されているご当地焼きそばです。もっちりとした食感の手延べせいろ蒸し麺が特徴です。平成27年10月には,那珂湊焼きそばで地元を元気にしたいと願う有志により発足した「那珂湊焼きそば大学院」が,青森県十和田市で開催された「B-1グランプリ」に初出展しました。店舗ごとに個性がありますので,食べ歩きもお勧めです。

3.ひたちなか海浜鉄道

ひたちなか海浜鉄道(湊線)の写真

大正2年に運行を開始した歴史ある鉄道です。営業キロは14.3km(キロメートル)。国内現役最古級のディーゼルカーや築100年になる那珂湊駅,車窓に広がる北海道を思わせる広大ないも畑や田園風景など,レトロな世界観は魅力たっぷりです。平成27年度には史上初めて駅名標でグッドデザイン賞を受賞しました。

4.ネモフィラ

ネモフィラの写真

国営ひたち海浜公園のみはらしの丘一面を埋め尽くすライトブルーの可憐な花で,空の青,海の青と織り成す青一色の世界には心を奪われます。「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」にも選ばれました。

【見頃】毎年4月中旬から5月上旬

5.磯遊び

磯遊びの写真

ひたちなか市の平磯から磯崎海岸周辺では春から秋にかけて,カニやヤドカリ,小魚など海の生き物と触れ合える磯遊びが体験できます。ひたちなか市では,このスポットを「磯遊び王国」と命名し,夏以外でも海辺で楽しめるレジャーとしてお勧めしています。

6.阿字ヶ浦海水浴場

阿字ヶ浦海水浴場の写真

かつて「東洋のナポリ」と呼ばれていた約1.5km(キロメートル)にわたる美しい海岸線が魅力の海水浴場です。海水浴期間中は,阿字ヶ浦海岸花火大会や阿字ヶ浦ランタンナイトなど,多くのイベントが開催され活気にあふれています。周辺には国営ひたち海浜公園や大型ショッピングモール,日帰り温泉施設などもあり,1日中楽しめる観光スポットです。

7.平磯海水浴場

平磯海水浴場の写真

堤防に囲まれていて波が穏やかなので,家族連れにお勧めの海水浴場です。海に浮かぶオレンジ色のくじら型滑り台「くじらの大ちゃん」は,子ども達に大人気です。周囲には海の生き物と触れ合える磯遊びスポットもあります。

8.姥の懐マリンプール

姥の懐マリンプールの写真

全国でも珍しい潮の干満を利用した海水プールで,海とつながっているため,小魚が泳いでいたり,プールサイドを小さなカニが歩いていたりすることも・・・。プールの深さで幼児用・子ども用・大人用プールに分かれており,波も穏やかなため,小さなお子様連れでも安心して楽しむことができます。

9.コキア

コキア(グラデーション)の写真

ネモフィラからのバトンを受け継いで,夏前に国営ひたち海浜公園のみはらしの丘に植えられます。夏には新緑のコキアが潮風とともに爽やかな夏を演出し,秋の訪れとともに少しずつ紅葉します。秋が深まる10月中旬頃には,真紅に染まったコキアが丘の裾野に広がる赤・白・ピンクのコスモスとともにみはらしの丘を彩ります。

【見頃】毎年8月上旬~10月中旬

10.ほしいも

ほしいもの写真

ひたちなか市が誇る生産量日本一の特産品です。地元で採れたさつまいもを蒸して,じっくりと天日乾燥させたシンプルな自然食品で,深い甘みと独特の食感が特徴です。

低カロリーで食物繊維がたっぷり!ほかにもビタミンB・E,カリウムなどの栄養素が豊富に含まれています。そのままでも十分に美味しいですが,少し焼いて食べると甘みがグッと増してさらに美味しく食べられます。

この記事に関するお問い合わせ先
観光振興課
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)1346,1347
ファクス: 029-276-3072
観光振興課へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日