介護保険サービスを利用するには

サービスを利用するためには,まず要介護・要支援認定の申請が必要です。

居宅サービス・地域密着型サービス・介護予防サービス・地域密着型介護予防サービス

要介護の方は,居宅介護支援事業所を選び,ケアプラン(介護サービスの計画)の作成を依頼します。要支援の方は,おとしより相談センター(地域包括支援センター)にケアプランの作成を依頼します。ただし,小規模多機能型居宅介護(介護予防小規模多機能型居宅介護)又は認知症対応型共同生活介護(介護予防認知症対応型共同生活介護)を利用するときは,当該事業所に依頼することになります。

依頼を受けたケアマネジャーは,利用者の希望や心身状態にあったサービスの種類・費用などについて適切にアドバイスをし,計画を作成します。

作成を依頼したときは,市へ届け出が必要になります(作成費用は全額保険から給付されます)。

また,自分でケアプランを作成することができます。

施設サービス

入所を希望する介護保険施設へ直接申し込みをします。契約をすると,施設サービスのケアプランがその施設で作られます。

介護保険サービスとは

介護保険サービスは,利用者の心身の状況や生活環境に応じて自ら選択して利用します。

利用者へ向けた事業所等に関する情報の提供,さらに事業所等が自ら情報の公表や外部の評価を受けることで,サービスの質の向上を図ること等を目的とした「介護サービス情報公表制度」や「自己評価・外部評価制度」がありますので,ぜひご活用ください。

リンク

福祉保健医療関連情報総合サイト

WAM NET 介護保険地域密着型サービス外部評価情報へのリンク

対象サービス
地域密着型サービス(グループホームなど)

この記事に関するお問い合わせ先
介護保険課
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)7241,7242,7243,7244,7245,7246,7247
ファクス: 029-354-1062
介護保険課へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日