障害のあるお子さんの保育と訓練

障害のあるお子さんの保育や療育訓練についての情報です。

心身障害児療育訓練センター

心身に障害のあるお子さんを対象として,親子通所で訓練や保育を行い,お子さんの発達を支援しています。

対象・活動内容

野蒜(のびる)教室

対象

運動発達に遅れがあり,機能訓練を必要とする就学前のお子さんを対象とした教室です。

内容

集団で感触遊びや感覚遊び,細工などの保育をしたり,個別やグループでの遊びを通して,運動機能の発達や機能回復を目的とした機能訓練を行います。

毎週木曜日はボランティアの協力を得て母子分離で過ごします。

かなりや教室

対象

人とのやり取り(コミュニケーション)が上手にできない,言葉の発達や行動の気になる就学前のお子さんを対象とした教室です。

内容

母子分離をしながら,小集団での遊びを通して,人とのやり取りや集団参加の力,社会性を育てます。

窓口

ひたちなか市社会福祉協議会(電話 029-274-3241)

障害児(者)地域療育等支援事業

在宅の障害のある方(児童)の地域における生活を支援するため,障害児(者)施設が療育指導や相談などを行っています。また,専任のコーディネーターが,在宅療育に関し各種サービスの利用調整を行っています。

実施施設

あすなろの郷ほか8施設

児童福祉施設

18歳未満の障害のあるお子さんの保護者の方が県に申請を行い,決定を受けた後,ご希望の施設と契約を結ぶことで利用できます。

児童福祉施設の種類と内容

児童福祉施設の種類と内容
施設の種類 内容
知的障害児施設 知的障害のあるお子さんが入所し,社会に適応して健全な社会生活を営むために必要な生活指導や訓練を受けるための施設です。
知的障害児通園施設 就学前の知的障害のあるお子さんが家庭から通所し,自立を促進するために必要な指導訓練を行う施設です。
ろうあ児施設 聴覚に障害のあるお子さんの入所を受け入れ保護するとともに,独立生活に必要な指導や援助を行う施設です。
肢体不自由児施設 上肢・下肢又は体幹に障害のあるお子さんを治療するとともに,独立生活に必要な知識技能を与えることを目的とする施設です。
重症心身障害児施設 重度の知的障害,肢体不自由が重複しているお子さんの入所を受け入れて保護し,治療及び日常生活の指導をする施設です。

窓口

茨城県中央児童相談所(電話 029-221-4150)

その他の療育訓練

上記のほか,各種の公的機関・団体で心身に障害のあるお子さん向けの訓練メニューを実施しています。

訓練内容と窓口

心身障害児・者療育訓練キャンプ

内容

心身に障害のあるお子さんやそのご両親を対象として,レクリエーションや研修会を実施し,社会生活への適応力を高めるものです。

窓口

茨城県肢体不自由児協会(電話 029-243-3838)

自閉症児療育キャンプ

内容

自閉症のお子さんを対象として,その家族の皆さまなどとの集団宿泊生活訓練を行い,社会生活への適応を図ります。

窓口

茨城県自閉症協会(電話 0299-62-2820)

この記事に関するお問い合わせ先
障害福祉課
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)7211,7212,7213,7214
ファクス: 029-272-2940
障害福祉課へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日