身体障害者手帳

身体に障害のある方がさまざまな福祉サービスを受けるのに必要となる手帳です。

障害の部位や程度に応じて1級から6級までに分けられます。

対象となる方

手や足,目,耳,音声・言語,心臓,じん臓,肝臓,呼吸器,排せつ,小腸,免疫の機能に一定以上の永続する障害のある方

新規申請に必要なもの

  • 申請書(用紙は窓口にあります)
  • 身体障害者診断書・意見書(指定医発行のもの。用紙は窓口にあります)
  • 印鑑(認印可)
  • 顔写真2枚(縦4センチ,横3センチで脱帽のもの。インスタントカメラ・家庭用プリンタ印刷・シール式写真は不可)
  • マイナンバーがわかるもの(個人番号カードや通知カードなど)
    また,申請書提出時には本人確認をさせていただきます。下記リンクよりご確認ください。

窓口

障害福祉課

その他の手続きと必要書類

手帳を紛失・汚損したとき・手帳の写真では本人の認識が困難になったとき(年数の経過等による)

 

窓口に「再交付申請書」を提出してください。

新しい手帳を交付します。

  • 再交付申請書(窓口にあります)
  • 印鑑(認印可)
  • 顔写真1枚(縦4センチ,横3センチで脱帽のもの。インスタントカメラ・家庭用プリンタ印刷・シール式写真は不可)
  • 現在お持ちの手帳(汚損の場合)

住所・氏名が変わったとき

窓口に「変更届」を提出してください。

その場で現在お持ちの手帳の記載事項を訂正します。

  • 変更届(窓口にあります)
  • 印鑑(認印可)
  • 現在お持ちの手帳
  • マイナンバーがわかるもの(個人番号カードや通知カードなど)
    また,申請書提出時には本人確認をさせていただきます。下記リンクよりご確認ください。

本人が亡くなったときまたは障害者でなくなったとき

窓口に手帳を返還してください。

障害の程度が変わったときまたは新たな障害が加わったとき

窓口に「再交付申請書」を提出してください。

手続きは新規申請の場合とほぼ同様です。

  • 再交付申請書(窓口にあります)
  • 印鑑(認印可)
  • 身体障害者診断書・意見書(指定医発行のもの)
  • 顔写真1枚(縦4センチ,横3センチで脱帽のもの。インスタントカメラ・家庭用プリンタ印刷・シール式写真は不可)
  • 現在お持ちの手帳

身体障害者手帳診断書・意見書料の助成

「診断書・意見書」作成時の診断書料(文書料)の助成を行っています。

手帳申請の際にあわせてご申請ください。

対象

市町村民税の所得割が課せられていない方で手帳の申請を行った方

助成額

診断書料(文書料)の全額

手続きに必要なもの

  • 診断書料(文書料)を含む領収書
  • 印鑑(認印可)
  • 本人名義の預金通帳など口座番号が分かるもの

ご注意

他市町村から転入した方は,転入前の市町村の「課税証明書」が必要となる場合があります。

身体障害者手帳で受けられる主なサービス

下記の身体障害者手帳で受けられる主なサービスのページをご覧ください。

申請書ダウンロード

下記の申請書ダウンロードのページをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先
障害福祉課
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)7211,7212,7213,7214
ファクス: 029-272-2940
障害福祉課へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日