日常生活用具の給付

自力で日常生活を営むことが困難な重度の障害のある方について,日常生活を容易にするための各種用具を給付しています。

身体障害者・知的障害者・難病患者について

対象となる方 

  • 身体障害者手帳の交付を受けている方で,給付種目ごとの要件に該当する方
  • 療育手帳の交付を受けている方で,給付種目ごとの要件に該当する方
  • 障害者総合支援法施行令第1条に基づき厚生労働大臣が定める特殊の疾病(332疾病)の方で,給付種目ごとの要件に該当する方

ご注意

詳細は下記の日常生活用具の種類及び対象者でご確認ください。

対象となる用具

特殊寝台,入浴補助用具,電磁調理器,電気式たん吸引器,視覚障害者用情報通信支援用具,上肢障害者用情報通信支援用具,ストーマ用装具,住宅改修費(小規模,中規模)など

ご注意

介護保険の認定を受けている場合で,介護保険による貸与・給付ができるときは,原則として介護保険が優先します。

自己負担額

  • 原則1割負担となります。
  • 世帯の課税状況により自己負担上限月額が設定されます。
  • 用具ごとに基準額が設けられています。基準額を超えた分は自己負担となります。

申請に必要なもの 

  • 申請書(窓口にあります)
  • 印鑑(認印可)
  • 身体障害者手帳または療育手帳
  • マイナンバーがわかるもの(個人番号カードや通知カードなど)
    また,申請書提出時には本人確認をさせていただきます。下記リンクよりご確認ください。

ご注意

  • 種目によっては「医師意見書」が必要です。
  • 転入等によりひたちなか市に課税情報のない方については,転入前住所地で発行された「課税証明書」等の提出が必要な場合があります。
  • 購入前に申請してください。

窓口

障害福祉課

小児慢性特定疾患児について

対象となる方

小児慢性特定疾患にかかっている児童

ご注意

詳細は下記の日常生活用具の種類及び対象者でご確認ください。

対象となる用具

特殊寝台,特殊便器,車いす,入浴補助用具,電気式たん吸引器など

ご注意

他の制度で給付対象となっている場合は,その制度による給付が優先します。

自己負担額

世帯の課税状況により自己負担額が設定されます。
上記のほか,用具ごとに基準額が設けられています。基準額を超えた分は自己負担となります。

ご注意

課税状況に応じて全額自己負担になる可能性があります。

申請に必要なもの

  • 申請書(窓口にあります)
  • 印鑑(認印可)
  • 小児慢性特定疾患医療受診券(受診券の色が「白色」で,左上に「(国)」と記載があるものに限ります。)

ご注意

  • 転入等によりひたちなか市に課税情報のない方については,転入前住所地で発行された「課税証明書」等の提出が必要な場合があります。
  • 購入前に申請してください。

窓口

障害福祉課

この記事に関するお問い合わせ先
障害福祉課
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)7211,7212,7213,7214
ファクス: 029-272-2940
障害福祉課へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日