生ごみ処理容器購入費用の助成について

生ごみは,燃やせるごみの約30%を占めており,ごみの減量のためには生ごみの削減が極めて重要です。

まずは,『生ごみを発生させない』ことや,『三角コーナー等での水切り』を心がけること,さらには『生ごみの堆肥化』に取組む等,生ごみを減らすライフスタイルを確立しましょう。

容器の種類と特徴

市では,以下の生ごみ処理容器の購入費を助成しています。

コンポスト容器(2基まで)

コンポスト容器のイラスト

コンポスト容器は屋外で5センチメートルほど埋めて使用します。土中に潜む好気性微生物を利用して,生ごみを分解し堆肥を作るため,容器本体が電動式と比べて低価格で維持費用がほとんどかかりません。

生ごみを入れた後に土を少しかけ,定期的にかき混ぜて空気に触れさせると良い堆肥ができあがります。

密閉型発酵容器(2基まで)

密閉型発酵容器のイラスト

密閉型発酵容器は,生ごみと一緒に生ごみ発酵剤を入れる等の方法により,微生物の活動を利用して生ごみを堆肥化します。

堆肥化の過程で容器の底に発酵液が溜まりますが,発酵液を1,000倍から2,000倍程度に薄めて液肥として,水やりの際に鉢植え等に与えられるほか,原液のまま排水口やくみ取りトイレに流すことで,悪臭対策に活用できます。

電動処理容器 (1基まで)

電動処理容器のイラスト

電動式処理容器は屋外で使用するバイオ式と,室内で使用する乾燥式の2種類があります。バイオ式の原理はコンポスト容器と似ていますが,生ごみを自動でかき混ぜることで,より効率よく微生物が働きます。

乾燥式は,生ごみに熱を加えて乾燥させた上で内蔵されたカッターで細かく粉砕するため,短時間で1/7程度に減容・処理することが可能です。

その他の処理容器等

 市長の認める生ごみ処理容器(ミミズコンポスト等)

 (注釈)市長の認めるとは,「生ごみを減量化し,又は堆肥化させる容器」をいいます。ご不明な点がありましたら,購入前に廃棄物対策課までお問合せください。

購入費助成制度の概要

受付期間

平成30年5月1日から平成31年3月29日(土曜日・日曜日,祝日は除く)

(注釈)予算が無くなり次第,締切らせていただきます。

助成額

生ごみ処理容器本体価格(税抜価格)の2分の1

(注釈1)補助金の上限は2万円です。
(注釈2)ボカシやチップ等の基材,発酵促進剤などは補助対象外となります。

算出例

 総額27,378円(消費税・送料・消耗品代込み)の処理容器を購入した場合
領収書(証)内訳の表
本体価格 24,000円
消耗品代 1,000円
送料 350円
消費税額 2,028円
合計 27,378円

(助成額) = (本体価格) 24,000円 × (助成率)1/2  = 12,000円

要件

  • ひたちなか市に住民登録をし,居住していること
  • 販売店での購入(新品のみ,中古品やオークション等での個人売買不可)
  • 平成30年4月1日以降に購入した物
  • 購入した処理容器を適正に使用・管理し,また堆肥等も適正に処理できる方

申込方法

 購入後に,以下の物を廃棄物対策課にお持ちください(郵送不可)。

  • 領収書(証)原本
  • 印鑑(スタンプ式印鑑は不可)
  • 振込先金融機関支店名・口座番号がわかるもの
  • 電動処理容器とその他の処理容器については,メーカー及び型式等が記載された書類(保証書等)

(注釈)領収書(証)原本に,

  • 購入者氏名の記載
  • 購入年月日の記載
  • 購入金額の記載
  • 販売店名称と所在地の記載
  • 生ごみ処理容器の種類や型式の記載
  • 販売店の社印等の押印

されているものを販売店より発行してもらってください。レジで発行される領収書(証)では,記載事項が不十分な場合がありますので,お店に必要事項を伝え,記載内容を確認してください。
なお,申請書に添付した領収書(証)原本は返還できませんので,他の商品と一緒にせず,生ごみ処理容器単品で発行して貰ってください。

詳しくは,廃棄物対策課までお問い合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

廃棄物対策課
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(代表)
ファクス: 029-272-2435
廃棄物対策課へのお問い合わせ

更新日:2018年05月01日