スマートフォンのトラブル急増中!

 若者を中心に利用が拡大しているスマートフォンですが,それと共にトラブルも増えています。スマートフォンの利用上の注意点を紹介します。

スマートフォンとは?

 スマートフォンは,高機能携帯電話というより電話機能が付いた超小型パソコンです。従来の携帯電話との大きな違いは,利用者が目的に合わせてアプリ(追加ソフト)を取り込み,自分仕様にできることです。便利な反面,セキュリティー対策としてパソコンと同様にウイルス対策アプリをインストールする(取り込む)必要があります。

スマートフォンの特徴を理解して利用しましょう

 スマートフォンは消費者自身がアプリを選択しインストールできるので,従来の携帯電話よりも自己責任の範囲が拡大するということをよく理解した上で利用しましょう。また,インターネットなどで大量のデータのやり取りができるので,高額請求を避けるためにパケット料金(通信料金)は定額制にするなど,料金体系についても自分に合った契約をしましょう。

アプリは信用できるストアから入手しましょう

 スマートフォンでは,アプリをインストールする際に,利用者情報(電話や位置情報など)の提供について「同意」を求められます。「同意」をすると,個人情報がアプリ提供者に収集されることになります。電話やメールアドレスが特定され,不当請求を受ける事例もあるので,アプリを利用する際は,携帯電話会社のサイトや信用できるストアから入手しましょう。

不具合がおきたら,その状況を確認しましょう

 スマートフォンの不具合は,機器自体が原因の場合と基本ソフトやアプリが原因の場合があります。不具合がおきたら,その状況を記録して携帯電話会社のショップなどの修理窓口に伝えましょう。

困った時,不安な時はすぐに消費生活センターにご相談ください。

相談時間

9時30分から12時 13時から16時30分

この記事に関するお問い合わせ先
消費生活センター
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)3233
ファクス: 029-276-3081
女性生活課へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日