無料のはずが有料?「ワンクリック不正請求」にご注意!!

相談事例

【事例1】

 スマートフォンでインターネットに接続し,ブログを見ていた。無料のアダルトサイトの広告があったのでクリックした。「18歳以上ですか?」という問いが出てきて「はい」をクリックしたところ,突然「契約が完了しました」となり,3日以内に9万円を支払うようにという料金の請求画面が出た。

【事例2】

 無料動画投稿サイトで,投稿者のコメント欄にあるURLリンクをクリックしたら,アダルトサイトに行き着いた。もともと見ていた動画投稿サイトは無料なので,そこからジャンプした先のサイトも無料だと思い,アダルト動画を見ようとして見本画像をクリックした。その結果,いつの間にか利用登録されており,5万円の料金を請求された。パソコンを再起動しても,数分おきに料金請求画面が出てくる。

ワンクリック詐欺のイラスト

消費生活センターからのアドバイス

 このような手口は「ワンクリック不正請求」と呼ばれ,事例のほかにもアニメやゲームなど,アダルト以外のサイトから誘導される場合もあり,子どもから高齢者まで,年齢・性別を問わず非常に多くの相談が寄せられています。

  • 「無料」とあっても料金を請求されることもあるので,安易にアクセスせず,スマートフォンではアプリを不用意にインストールしないようにしましょう。
  • インターネットにアクセスできる機器の場合には,セキュリティー対策をとるようにしましょう。子どもが使う場合には,フィルタリングの設定をするなど,保護者がきちんと確認し注意してください。
  • 意思表示画面で不用意に「はい」ボタンをクリックしないでください。
  • パソコンの画面に請求画面が張り付いた場合は,独立行政法人情報処理推進機構(IPA)のホームページを参考にしてください。

不安なこと,困ったことがあれば,消費生活センターにご相談ください。

この記事に関するお問い合わせ先
消費生活センター
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)3233
ファクス: 029-276-3081
女性生活課へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日