障害基礎年金

障害基礎年金

障害基礎年金は国民年金第1号被保険者であったときに障害になった方,又は20歳前に障害になった方で日常生活を送ることに著しく支障がある方を対象に設けられた年金制度です。

受給するための要件

  1. 初診日に国民年金の第1号被保険者である方,又は60歳以上65歳未満で日本国内に住んでいる方(ただし,老齢基礎年金の繰上げ受給をしていないこと)。
  2. 初診日に属する月の前々月までの保険料を納めた期間(免除期間を含む)が,加入期間の3分の2以上あること。または,初診日の属する月の前々月までの直近1年間に未納がないこと。
  3. 障害の程度が障害認定日において国民年金法施行令で定められている障害等級表の1級または2級に定める程度であること。

(注釈)障害者手帳の等級とは基準が異なります。

20歳前から障害がある方(20歳前に傷病の原因となる初診日のある方)

  1. 20歳前に病気やケガにより障害になり,20歳になった時(障害認定日が20歳以降の時は障害認定日)に,障害の程度が国民年金法施行令で定められている障害等級表の1級または2級に該当していれば受給できます。
  2. 20歳前から障害のある方の場合は保険料の納付要件は必要ありませんが,受給後,本人の前年所得により全額または半額の支給停止となる場合があります。
  3. 療育手帳をお持ちの方は,障害基礎年金申請時に初診日を証明する書類(受診状況等証明書)の提出を省略できる場合もあります。
  • 初診日とは 障害の原因となった病気やケガについて初めて医師の診療を受けた日
  • 障害の程度とは

1級…他人の介助を受けなければほとんど日常生活をすることができないような程度

2級…必ずしも他人の助けを借りる必要はないが,日常生活は極めて困難で労働により収入を得ることができない程度

  • 障害認定日とは障害の原因となった傷病についての初診日から起算して1年6ヵ月を経過した日,または1年6ヵ月以内に症状が固定した場合はその日

障害基礎年金額(年額)

平成31年度(令和元年度)

  • 1級 : 975,125円
  • 2級 : 780,100円
  1. 18歳未満の子がいる場合(ただし,18歳に達した年度末まで)
  2. 1級または2級の障害状態にある20歳未満の子

平成31年度(令和元年度)

  • 1人目・2人目: 各224,500円
  • 3人目以降 : 各74,800円

申請する時の主な提出書類

 

  1. 医師の診断書
    現在受診している病院などでお取りいただくもので,障害年金専用の診断書があります。なお,費用は全額自己負担となります。
  2. 病歴・就労状況等申立書
    請求者が発病から初診まで,その後現状までの受診状況や日常生活の経過を記載するもので,できるだけ具体的に記載いただきます。(代筆可能)
  3. 受診状況等診断書
    初診日を証明するもので,最初の病院で証明を受けて下さい。ただし,1.の診断書を作成した病院と同じ病院であればこの証明は必要ありません。費用は全額自己負担となります。
  4. 65歳を超えてから申請される方は,初診日から1年6ヶ月経過した日(障害認定日)の診断書が必ず必要になります。
  • 上記以外にも必要となる書類があります。医師の診断書を含む提出書類は専用の様式であり,請求する方の障害の発症時期や病歴等によって各々提出書類が異なりますので,障害基礎年金を請求する際は,必ず事前に窓口にてご相談ください。相談の時には,初診を含む病院通院歴をお調べになってからお越しください。

受付時間等の注意点

・障害年金に関するご相談等は,1時間から2時間程度お時間を要する場合がありますので時間に余裕をもってお越しください。お昼の時間帯(12時00分~13時00分)は,職員が交代で対応しており,待ち時間が長くなる恐れがあるため,この時間帯を避けてお越しいただくよう,ご協力をお願いします。

・事前に電話予約をしていただくと,スムーズにご案内できます。

平日17時15分以降及び日曜開庁日は,年金事務所が閉所しているため,障害年金に関する業務はお取り扱い出来ませんのでご了承ください。

※ご不便をお掛けしますが,何卒ご理解ご協力をお願いいたします。

この記事に関するお問い合わせ先

国保年金課 年金係
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)1185,1186
ファクス: 029-271-0852

更新日:2019年07月11日