住民基本台帳カードとそれに付随した電子証明書の交付が終了しました

平成27年12月をもって住民基本台帳カードとそれに付随した電子証明書の交付が終了しました

平成28年1月1日に「行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用に関する法律」(以下,番号法)が施行されるに伴い,改正された住民基本台帳法が施行されます。そのため,住民基本台帳カード(以下,住基カード)及び住基カードの格納する公的個人認証サービスの電子証明書は,下記の日程で交付終了となりました。

  • 住基カードは,平成27年12月28日。
  • 電子証明書は,平成27年12月22日。

交付は終了しましたが,お持ちになっている住基カードや電子証明書は,有効期限もしくは規定の失効時までご利用いただけます。

平成28年1月からは個人番号カード・新しい電子証明書の交付が始まりました

平成28年1月1日以降は,個人番号カードがこれまでの住基カードの機能を引き継ぐものとなります。

個人番号カードは,申請により平成28年1月から順次交付され,初回交付時は手数料が無料となります。

個人番号カード及び新しい電子証明書は,制度上即日の交付ができません。確定申告を控えている時期に交付を希望される場合,お早めに申請をお願いいたします。

個人番号カードを取得するときには住基カードを廃止・回収します

住基カードと個人番号カードを両方持つことはできません。有効な住基カードであっても個人番号カードの交付を受ける際には,返納する必要があります。また,住基カードに格納されていた電子証明書は,個人番号カードに格納しなおすことはできませんのでご注意ください。

住基カードは平成28年1月以降も利用することが可能です

これまで発行した住基カードは表面に記載されている有効期限まではそのまま使用することが可能です。

この記事に関するお問い合わせ先

市民課
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)1172,1173,1174,1175
ファクス: 029-270-1060

更新日:2017年02月01日