生活排水とは

生活排水

生活排水とは,台所,トイレ,風呂,洗濯などの日常生活からの排水のことです。1人が1日に使う水の量は250リットルにのぼります。このうち,トイレの排水を除いたものを生活雑排水といいます。

生活排水はすべて側溝や下水管などを通って,さまざまな形で最終的に海や川へと流れていきます。

これら日常生活で発生する汚れの量(BOD負荷量)は,1人1日当たり約43gになり,その量のうち約70%が生活雑排水によるもので,特に台所から出る汚れは生活排水全体の約40%を占め,最も多くなっています。

 

BOD

 

43g/人/日

生活雑排水

約70%

(30g)

台所からの排水 約40% (17g)

風呂からの排水 約20% (9g)

洗濯からの排水その他 約10% (4g)

し尿 約30% (13g)

 

BOD(生物化学的酸素要求量)とは

BODとは,水中のよごれ(有機物)が微生物により分解されるときに

消費される酸素の量のことであり,一般的にBODが大きいと,

その水の有機物による汚濁が進んでいることを示します。

 

※  きれいな水を取り戻すためには,生活排水をきれいにすることがどうしても必要です。それは,住む人ひとりひとりの協力にかかっています。

 

わたしたちにできること

各家庭でできることは以下の通りです。川や海を汚さないよう,できること一つ一つをやってみましょう。

台所で油を捨てている画像

・料理に使った油は流しに捨てず,新聞紙などに吸わせて燃やせるゴミとして捨てる

・三角コーナーと水切り袋で,野菜の細かな切りくずをキャッチする

・台所用洗剤・洗濯用洗剤は適量を守って使用する

・浄化槽の保守点検・清掃・法定検査を定期的に行う

・単独処理浄化槽や汲み取り便槽から合併処理浄化槽に切り替える

更新日:2017年05月11日