アスベストQ&A 2 建築物に関すること

質問1.アスベストは,建築物等ではどのように使用されていますか?

回答.アスベストは,安価であり,耐火性,断熱性,防音性,絶縁性など多様な機能を有していることから,耐火・断熱・防音の目的で建築材料として,ビル,学校・病院,工場,駐車場,プラットホーム,一般住宅,変電施設などに大量に使用されてきました。その使用形態は大きく分けると以下のようなものがあります。

アスベストの使用形態
(1)吹付けアスベスト アスベストとセメントとを一定割合で水を加えて混合し,吹き付け施工したもので,耐火被覆用としては,鉄骨造建築物のはり,柱等への吹き付けで,使用期間は,昭和38年頃から50年初頭までです。
吸音・断熱用は,ビルの機械室,ボイラー室,地下駐車場等の他,学校,体育館,工場等の天井,壁などに使用されています。使用期間は,昭和31年頃から50年初頭までです。
(2)吹付けロックウール 昭和50年に吹付けアスベストが原則禁止となった以降は吹付けロックウールに切り替わっていましたが,しばらくの間は,アスベストを混ぜて使用していました。(重量比1%を超えてアスベストを含むものを石綿含有吹き付けロックウールという。)
用途は,吹付けアスベストと同様に,耐火被覆用と吸音・断熱用であり,使用場所などもほぼ同じです。アスベストを混ぜて使用された期間は,昭和43年頃から55年頃までですが,一部の工法(湿式)については,63年頃まで使用されていました。
(3)アスベスト保温材(石綿含有保温材,耐火被覆板等) アスベスト保温材には,保温材と耐火被覆板があります。板状保温材及び筒状保温材は,各種プラントの塔などの外壁や配管の定形部にボルトや針金等によって固定され使われています。ひも状保温材は,各種プラントの曲管部や施工しにくい部分に巻き付けて使われています。布団状保温材は,各種プラントのポンプ,バルブ,フランジ等の保守点検を必要とする部分等に被せ,その上から針金等を巻きつけて使われています。
耐火被覆板は,吹き付けアスベストと同様に鉄骨材等の耐火性能を確保するために用いられています。
(4)アスベスト成形板(石綿スレート,パルプセメント板,石綿セメントサイディング等) アスベスト成形板には,平板又は波板状のものがあり,最も代表的なものが石綿スレートです。防火性,耐水性等に優れた性能を持つことから,建物の外壁,屋根をはじめとして広い範囲で使用されています。さらに,化粧を施したものや軽量化したものなど,多くの石綿スレート関連製品があります。
室内で注意する必要があるのは,壁や天井に吹き付けられたアスベストです。吹きつけアスベストはセメント等の含有率が少ないので解体時や経年劣化とともに飛散しやすくなります。
石綿スレートなどは,アスベストとセメント等を固化して造るため,通常の状態での飛散の恐れはありませんが,住宅補修時の材料の切断や解体の時に注意が必要です。

質問2.建築物でアスベストが使用されているか,どのように調べたらよいですか?

回答.建築物を施工した業者に問い合わせ,設計図書(建築時の施工図・材料表等)で確認します。建築時等の情報がない場合は,目視での確認や吹付けアスベストが規制された年代と建築年次,使用されている用途などにより類推する方法があります。吹付けアスベストの施工時期の目安は次のとおりです。

  • 吹付け石綿:昭和50年まで
  • 石綿含有吹付けロックウール:昭和55年まで(湿式工法では昭和63年まで)
  • その他の石綿含有吹付け材:昭和63年まで

 また,分析を行いたい場合は,個人の負担(1検体数万円,定性・定量分析)となります。

壁・天井の吹付け材料にアスベストが含まれているか検査を行う機関は,公益社団法人日本作業環境測定協会等のホームページをご覧ください。

 借家・マンションにお住まいの場合は,大家や管理者等に確認してください。

質問3.建築物に吹付けアスベストが使用されていますが,どうしたらよいですか?

回答.石綿障害予防規則において,吹付けられたアスベストが劣化等により粉じんを発散させ,労働者がその粉じんにばく露するおそれがあるときは,除去,封じ込め,囲い込み等の措置を講じなければならないとされています。石綿障害予防規則等,関係法令に従って適切に対処してください。

「石綿障害予防規則」の概要

建築物等の解体等に係る主な対策

  1. 事前調査(石綿則第3条関係)事前調査の実施と記録
  2. 作業計画(石綿則第4条関係)作業方法,手順,粉じんの発散防止・抑制方法,労働者への石綿粉じんばく露防止策を示した作業計画の作成
  3. 届出(安衛則第90条,石綿則第5条関係)
  4. 特別教育(安衛則第36条,石綿則第27条関係)作業従事者への石綿等の有害性,使用状況等の教育の実施
  5. 作業主任者(石綿則第19条,第20条関係)
  6. 保護具等,器具等(石綿則第10条第2項,第14条,第32条の2,第44条から第46条関係)
  7. 湿潤化(石綿則第13条関係)
  8. 隔離・立入禁止等(石綿則第6条,第7条,第15条関係)

建築物等の解体工事等の発注時における措置

  • 情報の提供(石綿則第8条関係)注文者からの工事の請負人に対する,当該建築物等における石綿含有建材の使用状況等(設計図書等)の通知
  • 注文者の配慮(石綿則第9条関係)解体方法,費用等について,労働安全衛生法及びこれに基づく命令の遵守を妨げないようにする配慮

建築物に吹付けられた石綿の管理(石綿則第10条第1項,同条第4項関係)

石綿の損傷,劣化等によりその粉じんを発散させ,労働者がその粉じんにばく露するおそれがあるとき

  1. 除去
  2. 封じ込め
  3. 囲い込み

(注釈)「石綿則」:石綿障害予防規則,「安衛則」:労働安全衛生規則

 石綿障害予防規則については,水戸労働基準監督署(電話029-226-2237)で所管しています。

詳細については,直接お問合せください。

質問4.一般の住宅でもアスベストは使われていますか?

回答.店舗併用住宅等,鉄骨造や鉄筋コンクリート造住宅では,昭和30年頃から50年頃までに建設された建物で主に,H鋼やコンクリートスラブの表面に吹付けアスベストが使われている場合がありますが,一般の木造住宅では,吹付けアスベストが使われる例はほとんどありません。

 また,アスベストを含有した建材として,住宅屋根用化粧スレートなどのほか,建築物の外装であるサイディング,外壁や間仕切壁等の押出成型セメント板が最近まで使われたりしています(平成16年10月製造等禁止)。これらスレート等の建材はアスベスト成形板と呼ばれ,非飛散性のアスベストです。

 なお,過去に使用された石綿製品を安全に処理する技術とその情報に関することは,一般社団法人JATI協会にお問い合わせください。

質問5.住宅にアスベスト成形板が使われていますが,問題はありますか?

回答.アスベスト成形板は,セメントなどで固定しており,切断などをしないかぎり,大気中に飛散する可能性は低いため,健康影響の心配はありません。

 解体等の工事については,吹付けアスベストなどと比較して飛散の程度が低いことから,大気汚染防止法などの規制対象とはしていません。

 しかし,アスベスト成形板も物理的に破壊した際には環境中にアスベストを飛散させる可能性があるため,事前に手作業で除去してから解体することが望ましく,これによらない場合でも,作業中常に散水し成形板を十分湿潤状態にして解体する必要があります。

 現在,国は,非飛散性のアスベストの対応についても指針策定の作業を行っています。

質問6.アスベスト含有建築物の解体時の法規制はどのようなものがありますか?

回答.次の法令による規制があります。

大気汚染防止法 特定粉じん排出等作業の規制
規制開始時期 平成8年度から(平成18年10月1日より,工作物の解体等工事についても大気汚染防止法による届出になりました)
対象規模 吹付け石綿若しくは石綿を含有する断熱材,保温材及び耐火被覆材が使用されている建築物及び工作物の解体若しくは改造又は補修
(平成16年度届出 市内1件)
(平成17年度届出 市内8件)
(平成18年度届出 市内19件)
規制内容
  • 吹付け石綿等の除去等又はこれと同等以上の効果を有する措置を講ずる
  • 作業基準の遵守
  • 作業内容の提示
  • (下記の「茨城県生活環境の保全等に関する条例」の規制が加わる)
石綿障害予防規則 石綿含有建築物解体等工事の従事者保護規定
規制開始時期 平成17年度から(平成18年9月1日より,封じ込め又は囲い込みの作業についても対象となりました)
対象規模 吹付け石綿等の除去作業,封じ込め又は囲い込みの作業すべて
規制内容
  • 建築物等解体施工時,発注者は請負人に石綿含有建材の使用状況の通知
  • 労働基準監督署に届出
  • 事前調査の実施,作業計画の作成,特別教育,作業主任者の選任等の規定
茨城県生活環境の保全等に関する条例
規制開始時期 平成17年度
対象規模 大気汚染防止法の対象規模と同様(平成18年10月1日より,解体等の届出は全て大気汚染防止法になりました)
(平成18年9月30日までの届出 市内5件)
規制内容 上記の大気汚染防止法に定める規制に下記の規制が加わる
  • (吹付け石綿の使用面積が50平方メートル以上の建築物及び工作物に対する規制)石綿の飛散状況等の調査及び記録。当該記録の提出

質問7.学校や市の施設で,アスベストが使用されているか心配です。

回答.市では平成17年度に,全ての市の施設について,アスベスト使用状況調査を実施し,疑わしいものはアスベスト含有分析を実施し,判定しました。その結果,調査した292施設のうち18施設で飛散性アスベスト(吹付けアスベスト及び重量比1%を超えるアスベストを含有する吹付け材)の使用が判明しました。

 これらの施設は,平成18年12月末までにアスベスト除去工事を実施し,対策を完了しました。

市有施設の飛散性アスベスト使用及び対策状況
施設名 吹き付け箇所 種別 対策状況
大島中学校 図書室屋根裏
機械室天井
吹付けアスベスト 17年8月除去工事完了
西消防署 機械室天井・壁 吹付けアスベスト 17年10月除去工事完了。
前渡小学校 機械室天井 吹付けアスベスト 17年8月除去工事完了。
前渡小学校 階段裏 アスベスト含有吹付けひる石 18年3月除去工事完了。
前渡小学校 音楽室天井 アスベスト含有吹付けひる石 18年3月除去工事完了。
平磯中学校 体育館壁の一部(卓球場天井)
機械室天井
アスベスト含有吹付けロックウール 体育館は,18年3月除去工事完了。
機械室は,18年8月除去工事完了。
堀口小学校 音楽室天井 吹付けアスベスト 18年3月除去工事完了。
那珂湊第一小学校 体育館天井
機械室天井
吹付けアスベスト 18年8月除去工事完了。
中根小学校 倉庫天井 吹付けアスベスト 18年8月除去工事完了。
阿字ヶ浦小学校 倉庫天井 吹付けアスベスト 18年8月除去工事完了。
勝田第一中学校 機械室天井 吹付けアスベスト 18年9月除去工事完了。
勝田第二中学校 機械室天井 吹付けアスベスト 18年8月除去工事完了。
阿字ヶ浦中学校 倉庫天井 吹付けアスベスト 18年8月除去工事完了。
勝倉幼稚園 倉庫天井 吹付けアスベスト 18年8月除去工事完了。
上坪浄水場 配水ポンプ室天井 吹付けアスベスト 18年10月除去工事完了。
十三奉行配水場 物置天井・壁 吹付けアスベスト 18年12月除去工事完了。
枝川小学校 階段裏 アスベスト含有吹付けひる石 18年4月除去工事完了。
教育研究所 倉庫・玄関・2,3階廊下天井 吹付けアスベスト 18年3月除去工事完了。
那珂湊公民館 大会議室天井,ホール階段室天井 アスベスト含有吹付けロックウール 18年6月除去工事完了。
前渡公民館 ボイラー室
壁・天井
吹付けアスベスト 18年10月除去工事完了。
この記事に関するお問い合わせ先
環境保全課 環境対策係
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)3311
ファクス: 029-272-2435
環境保全課へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日