セットバック

セットバックの案内

 建築基準法において建築物を建築する際に必要な道路(接道できる道路)とは,原則として4.0m(メートル)以上のものをいいます。

 しかしながら,現実には4.0m(メートル)未満(1.8m(メートル)以上)の狭隘な道路でも,かなりの数の建築物が建ち並んでいます。

 4.0m(メートル)未満の狭隘な道路は,日常の交通はもとより,災害時の非難・緊急車両の通過困難など,多くの危険性や問題点を抱えています。

 このような狭隘道路の改善策として,「道路の中心線から片側2.0m(メートル)ずつ後退した線を『道路境界線』とみなし,将来的に4.0m(メートル)の道路を確保できるようにする。」というものを,「セットバック」とか,「敷地後退」,あるいは「みなし道路」などといいます。

 狭隘道路に接する敷地内での建築物の建築には,次のようなセットバック決まりがあります。

セットバックの方法

セットバックの説明図1

 敷地に接する道路で,幅員4.0m(メートル)未満のものは,道路の中心線から2.0m(メートル)の線を「道路の境界線」とみなします。

 道路とみなす境界線から突出して,建築物,門,塀などをつくることは出来ません。また,道路としてみなされる部分に物・車止めなどを置かないようにしましょう。

 道路とみなす境界線から突出している建築物,門,塀などは,次の増築・改築(建替え)などのときに,除去又は移転をしなければ建築物は建てられません。

 道路とみなす境界線から突出している塀,生け垣などを撤去する際,ひたちなか市では,助成金制度をもうけています。

セットバックの説明図2
この記事に関するお問い合わせ先
建築指導課
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(代表)
ファクス: 029-276-0479
建築指導課へのお問い合わせ
「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2017年02月01日