近所で工事をしていると語り、不安をあおる業者からの勧誘にご注意!

ひたちなか市内で、「近くの道路を工事するから声をかけたが、お宅の雨どいが壊れているからすぐに直したほうがよい」「たまたま通りかかったら、屋根が壊れているから声をかけた」といった事例が増えています。同じような勧誘を受け、不安になったり、トラブルになった場合は、消費生活センターへご相談ください。(電話でも相談できます)

相談事例

1.休日の夜に突然来訪し、「明日から近くの道路を工事するので声をかけたが、お宅の雨どいが壊れている。すぐに直したほうがいい」と勧誘された。怪しいと思ったので、業者名と担当者の名前を聞き取ろうとしたが、教えてくれなかった。市内で同様の相談は多いのか。まだ契約はしていないが、本当に修理したほうがよいのか。

2.業者が訪問してきて、「たまたま通りかかったら、お宅の屋根が壊れているから声をかけた」と言ってきた。本当に壊れているのか。業者の名前は不明だ。

アドバイス

1.勧誘されてもすぐに契約をせず、本当に修理をする場合は、複数の事業者から見積りをした上で、契約内容をよく確認して判断しましょう。

2.業者名・担当者名・勧誘の目的を聞きましょう。(名刺をもらうのもよいです)何かと理由をつけて名前を言わない業者には、特に気をつけましょう。

3.「無料」「すぐに」と言われても冷静になり、その場で契約をしないようにしてください。検討する時間を与えずに急かす業者は注意し、一度冷静になり、本当に必要なものなのかを家族や知り合いと話しましょう。

参考資料

この記事に関するお問い合わせ先
消費生活センター
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)3233
ファクス: 029-276-3081
女性生活課へのお問い合わせ

更新日:2021年06月01日