ひたちなかユネスコ協会

ユネスコとは

(UNESCO=国際連合教育科学文化機関)は,戦争の惨禍を二度と繰り返さないことを願い,昭和21年11月に創設された国際連合の専門機関です。ユネスコの目的は,その憲章に唄われているとおり,教育,科学,文化面での国際協力を推進し世界の平和と安全に寄与することです。

日本のユネスコ活動は,政府機関(日本ユネスコ国内委員会)の他に,各地域のユネスコ協会,高校でのユネスコクラブなどの約400の団体が,お互いに連絡をとりながら進めています。ユネスコ活動の目的を一言で表現すると,「人間の知的・精神的連帯」を推進することでしょう。

ひたちなかユネスコ協会

「ユネスコ憲章」の趣旨に賛同した市民41名(結成準備会)と結成準備会員の呼びかけに応じた254名が平成11年9月18日「ひたちなかユネスコ協会」を組織しました。

活動の中心は

  1. 組織の充実
  2. ユネスコ活動への理解
  3. 広報活動の充実

ひたちなか市民はもちろんのこと,ひたちなか市近郊の方々とも連携し,活動の中心を身近に置いて「ひたちなかユネスコ協会」を発展させたいと願っています。

ユネスコ協会

主な活動

  • 青少年のためのユネスコ教室・・・ユネスコ土曜教室・野外キャンプ
  • 国際事業への支援・・・異文化理解・外国人との交流
  • 文化遺産・環境問題の学習会・・・身近な学習を通じての生涯学習
  • 途上国の自立への協力・・・書き損じ葉書の回収
  • 世界的文化遺産の保存と支援・・・世界遺産保護事業の募金・宣伝
  • 解放の発行・・・広報宣伝活動

社会教育関係団体】〇

あなたも「ひたちなかユネスコ協会」会員になりませんか

普通会員の会費
大人 年間 5,000円 個人
小・中・高校生 年間 2,000円 個人
維持会員の会費
1口 10,000円 会社で一口以上
団体会員の会費
大人 年間 10,000円 法人・NGO・団体
小・中・高等学校 年間 2,000円 学校単位で団体扱い

対象者:ひたちなか市民,会社,団体,ひたちなか市近郊にお住まいの方

申込先:ひたちなかユネスコ事務局 電話029-263-7130

書き損じはがきの回収について

現金を集める募金活動に比べて参加しやすい形の協力方法のひとつとして,書き損じはがきの回収があります。

家庭に眠っているはがきを持ち寄り,まとめて寄付にあてる方法です。ユネスコでは書き損じはがきの回収運動を行っています。 書き損じはがき1枚で「ネパールではノート4冊・えんぴつ4本」「インドでは教科書が4冊」「カンボジアではえんぴつ4本」が買えます。 年賀はがき(昨年度の年賀はがき・景品交換後でも結構です。)や往復はがき,机の引出しの古いはがきでも結構です。ご協力をお願いします。

回収場所

ひたちなか市立幼稚園・小学校・中学校・高等学校,各コミュニティセンター,生涯学習センター,青少年センター

Q&A

書き損じはがきとは?

住所を書き間違えてしまった,汚してしまった,印刷しすぎてあまってしまった,古くて使えないなどの理由でポストに投函されていない未使用の官製はがきのことです。ただし切手の面が汚れていたり,欠けている場合は交換できません。

書き損じはがき交換の仕組み

郵便局に書き損じはがきを持参すると,1枚5円の手数料を引かれた額の切手や新しいはがきに交換されます。その切手やはがきを学校,企業,地域の行政施設などに協力をお願いし現金化します。

書き損じはがきの協力の時期は?

一年中受け付けていますが,特に1月のお正月明けが,書き損じの年賀状の回収を中心とするキャンペーン強化期間になっています。

ユネスコ・寺子屋運動に協力するには?

  1. 切手に換えて送る
  2. 書き損じはがきのまま送る
  3. 現金に換えて送る

以上のような方法で日本ユネスコ協会に協力しています

この記事に関するお問い合わせ先

青少年課
〒: 312-0057
茨城県ひたちなか市石川町11番1号
電話: 029-272-5883
ファクス: 029-272-9143
青少年課へのお問い合わせ

更新日:2018年03月06日