遺跡の所在の有無及びその取り扱い

開発予定地が遺跡(埋蔵文化財包蔵地)であるかどうかの確認は,文化財室へ該当区域の分かる地図等を持参またはファクスしてください。(電話のみの照会は受付いたしません)

また,文書による回答には,「埋蔵文化財の所在の有無及びその取扱いについて」の文書を提出していただく必要があります。
下記様式に必要事項を記入の上,必要書類を添付し,文化財室に提出してください(ファクス可)。

様式ダウンロード

(注釈)注意!

一週間程度で回答文書を発行いたします。

1 遺跡(埋蔵文化財包蔵地)の範囲外の場合

開発予定地に遺跡が存在する可能性が低い場合です。

そのまま着工していただけます。

ただし,工事中に土器などの埋蔵文化財を発見した場合には,速やかに文化財室までご連絡ください。

2 遺跡(埋蔵文化財包蔵地)の範囲内の場合

周知の遺跡に該当する場合です。

この場合には工事着工予定日の60日前までに文化財保護法第93条第1項の規定に基づく手続きが必要です。

詳細は文化財室までお問合わせください。

この記事に関するお問い合わせ先

文化財室
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)7307,7308
ファクス: 029-274-2430
文化財室へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日