歩きませんか?彫刻通り(彫刻作品のご紹介)

(画像)歩きませんか?彫刻通りというロゴのイラスト

勝田駅から東にのびる 昭和通り線沿いの両側約1キロメートルはいつでも「野外彫刻展」・・・。

彫刻のあるまち

昭和通り線(勝田駅前通り)に彫刻が設置されているのをご存知ですか?

駅からこの通りを東に歩くと,市役所入口まで両側約1キロメートルの歩道には16基の彫刻が点在しています。通りを往復して2キロメートル。ちょっとした散歩コースです。

いつもは車で素通りしてしまう道。今日はゆっくり歩いてみませんか・・・。

彫刻作品一覧のご紹介

彫刻通りのマップのイラスト

彫刻通りマップ

勝田駅東口を出ると、目に付くのが(1)「であい」。(リンク先の「であい」をご覧ください)
ここから彫刻通りが始まります。

昭和通りの左側を歩いていきましょう。

(2)「粧」、(リンク先の「粧」をご覧ください)(3)「愛」(リンク先の「愛」をご覧ください)、(4)「ドレスの女」(リンク先の「ドレスの女」をご覧ください)、(5)「金曜日」(リンク先の「金曜日」をご覧ください)と、女性と母子の彫刻が続きます。

東石川小学校を越えた所にあるのが(6)「端午」(リンク先の「端午」をご覧ください)。小さな子どもがたたずんでいます。

(7)「こかげ」(リンク先の「こかげ」をご覧ください)、(8)「精華」(リンク先の「精華」をご覧ください)に続いて現れるのが(9)「柱のある形」(リンク先の「柱のある形」をご覧ください)。直線的な彫刻が目を引きます。

ひたちなか市役所の前には(10)「母と子」(リンク先の「母と子」をご覧ください)があります。

マップには載っていませんが、市役所の敷地内にも彫刻があります。ちょっと足を伸ばしませんか?

市役所前から道路を渡り、反対側を勝田駅方面へ戻ります。

中央分離帯にあるのが(11)「鳴」(リンク先の「鳴」をご覧ください)。

その後、(12)「Heart・1」(リンク先の「Heart・1」をご覧ください)、(13)「Fille Noire」(リンク先の「Fille Noire」をご覧ください)と、抽象的な彫刻が続きます。

(14)「夏女」(リンク先の「夏女」をご覧ください)、(15)「真夏のウェーブ」(リンク先の「真夏のウェーブ」をご覧ください)と女性の彫刻が続いて、(16)「ミス・サフォーク」(リンク先の「ミス・サフォーク」をご覧ください)で締めくくりです。

昭和通りを、国営ひたち海浜公園まで進んでみると、(17)「潮風のトライアングル」(リンク先の「潮風のトライアングル」をご覧ください)と(18)「海が奏でるハーモニー」(リンク先の「海が奏でるハーモニー」をご覧ください)が出迎えてくれます。

彫刻からも海を感じてみませんか?

また,勝田駅西口では,「陽炎」(リンク先の「陽炎」をご覧ください)が出迎えてくれます。

この記事に関するお問い合わせ先
芸術文化振興室
〒: 312-0045
茨城県ひたちなか市勝田中央14番9号
電話: 029-272-6301
ファクス: 029-272-9297
生涯学習課へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日