不妊治療費助成事業のご案内

ひたちなか市では,不妊治療を受けている方の経済的負担軽減のために,不妊治療費の一部助成を行っています。また、女性不妊治療に加えて,男性不妊治療費も助成しています。
申請の際は,下記の助成内容をご確認ください。

 

対象者

 
・夫又は妻のいずれかが市内に治療期間において住所を有する夫婦。

・県の助成を受けた方で,治療金額が県の助成額を上回っていること。


※交付決定を受けた後,必要書類を揃え速やかに申請してください。

令和元年度治療終了分の申請期限は,令和2年3月末日です。
(やむ得ない理由で,期限までに申請ができない場合には,必ず事前にヘルス・ケア・センターへご連絡ください。)

当該助成に係る治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満の方。
受けられる助成回数は,これまでの助成歴と年齢によって決まります。下記の表を参考にしてください。

令和元年度の不妊治療助成事業
助成開始時の妻の年齢 助成回数
40歳未満 通算6回まで
40歳から42歳 通算3回まで

注意1過去に他の地方公共団体から不妊治療費に係る助成金等の交付を受けた回数及び年数は,それぞれ差し引きとなります。過去にひたちなか市で不妊治療費に係る助成金の交付を受けた回数も通算されます。妻,夫のどちらか一方のみの申請も1回とみなします。


茨城県不妊治療費助成について詳しいことは,ひたちなか保健所にお問合せください。

助成制度の詳細について      茨城県のホームページ
申請についての問い合わせ
   ひたちなか保健所    ひたちなか市新光町95番地     電話029-265-5647

対象となる治療

体外受精,顕微授精
体外受精,顕微授精に至る過程の一環として行われた男性不妊治療
(精巣内精子回収法,精巣上体精子吸引法,精巣内精子吸引法,経皮的精巣上体精子吸引法等)

助成金額

・特定不妊治療の1回の治療につき上限75,000円

・男性不妊治療の1回の治療につき上限75,000円


上記の治療で,茨城県不妊治療費助成事業受診等証明書に記載されている領収金額から県補助金の額を差し引いた額で上限額75,000円として算出します。

茨城県不妊治療費助成事業受診等証明書の備考の欄に領収金額に含まれない院外処方の治療費がある旨の記載がある場合には,それに係る治療費を合算して請求できる場合があるため,その領収書を添付してください。(該当しない場合もありますので,詳細はお問合せ下さい。)

申請

以下の書類を添えて,ヘルス・ケア・センターに助成金の申請をしてください。

  1. ひたちなか市特定不妊治療費助成金交付申請書
  2. ひたちなか市特定不妊治療費助成金交付申請に係る状況照会に関する同意書
  3. ひたちなか市特定不妊治療費助成金交付請求書及び口座振替依頼書
  4. 茨城県不妊治療費補助金交付決定及び額の確定通知書(原本)
  5. 茨城県不妊治療費助成事業受診等証明書の写し

(注釈)1から3は,下記よりダウンロードすることができます。またヘルス・ケア・センター,ひたちなか保健所にも備えてあります。

(注釈)1から3の記入例は下記よりダウンロードすることができます。 詳細については,ヘルス・ケア・センターにお問合せください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康推進課
〒: 312-0016
ひたちなか市松戸町1丁目14番1号
電話: 029-276-5222
ファクス: 029-276-0209
健康推進課へのお問い合わせ

更新日:2019年04月01日