日本脳炎予防接種のお知らせ

日本脳炎の予防接種は合計4回の接種です

 日本脳炎予防接種は,第1期3回(標準的には3歳で2回,4歳で1回),第2期(9歳以上で)1回の計4回の接種が必要です。平成17年度から21年度までの間,積極的な接種勧奨が差し控えられていましたが,現在は新たなワクチンが承認されて接種再開になっています。

平成19年4月2日以降に生まれた方の標準的な接種方法

生後6週までに対象児あてに第1期予防接種予診票を送付しています。該当時期に,予診票,母子健康手帳を持参のうえ,下記により接種を受けてください。

日本脳炎予防接種
区分 望ましい接種年齢 標準的な接種間隔および回数 対象年齢
第1期初回 3歳 6日から28日までの間隔をおいて2回 生後90月に達するまで
第1期追加 4歳 初回終了後おおむね1年後に1回 生後90月に達するまで
第2期 小学4年生 1回 9歳以上13歳未満
  1. 接種場所 : 実施医療機関
  2. 接種料金 : 無料

実施医療機関の一覧は下記PDFファイルよりご覧ください。

差し控え時期により接種が済んでいない方へ

 新たなワクチンが承認されて接種再開になっていますので,母子健康手帳等の記録を確認し,積極的に接種を受けてください。

特例対象者1 平成19年4月1日以前に生まれた方の接種方法(20歳未満まで)

下記の方法で,20歳未満までに第1期の不足分と第2期の接種が可能です。

接種方法
すでに3回接種をしている場合(残り1回接種)

第1期接種終了後,6日以上の間隔をおいて第2期を接種

第1期初回1~2回接種をしている場合
  1. 6日以上の間隔をおいて第1期の不足分(1~2回)を接種
  2. 第1期接種終了後,6日以上の間隔をおいて第2期を接種
1回も接種をしていない場合(残り4回接種)
  1. 第1期初回1回目,2回目を6日から28日の間隔をおいて接種
  2. 第1期初回接種終了後6月以上,標準的にはおおむね1年を経過した時期に第1期追加を接種
  3. 第1期接種終了後,6日以上の間隔をおいて第2期を接種

特例対象者2 平成19年4月2日から平成21年10月1日に生まれた方の接種方法(9歳以上13歳未満まで)

下記の方法で,第2期の対象期間内(9歳以上13歳未満)に第1期の不足分と第2期の接種が可能です。

第1期(初回2回,追加1回)不足分の接種方法
第1期初回1~2回接種をしている場合

6日以上の間隔をおいて第1期の不足分(1~2回)を接種

第1期を1回も接種していない場合
  1. 第1期初回1回目,2回目を,6日以上の間隔をおいて接種
  2. 第1期初回接種終了後6月以上の間隔をおいて第1期追加を接種
第2期の接種方法

第1期初回接種終了後,6日以上の間隔をおいて第2期を接種

関連ファイルは下記よりダウンロードしてください。(厚生労働省ホームページ内PDFファイル)

接種時に必要なもの

母子健康手帳,健康保険証,日本脳炎予防接種予診票

予診票の送付

【第1期の予診票】乳幼児期に交付したものが使用可。(有効期限が切れていても可)
【第2期の予診票】特例対象者1の方には既に送付済。特例対象者2の方には小学3年生の3月末に送付。

予診票交付場所

ヘルス・ケア・センターまたは那珂湊保健相談センター

接種場所

日本脳炎予防接種実施医療機関

接種料金

無料

その他

 紛失や転入等で予診票をお持ちでない方は,母子健康手帳を持参のうえヘルス・ケア・センターまたは那珂湊保健相談センターで交付します。その他ご不明な点は,ヘルス・ケア・センターへ問い合わせください。

施設詳細は下記リンクをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

健康推進課
〒: 312-0016
ひたちなか市松戸町1丁目14番1号
電話: 029-276-5222
ファクス: 029-276-0209
健康推進課へのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年04月01日