SIDSから赤ちゃんを守りましょう。

SIDS対策強化月間のイラスト

11月は「乳幼児突然死症候群(SIDS)」の対策強化月間です。

SIDS(Sudden Infant Death Syndrome) 乳幼児突然死症候群とは

それまで元気だった赤ちゃんが,事故や窒息ではなく睡眠中に突然死亡する病気です。

原因は,まだわかっていません。日本では,およそ6,000人から7,000人に1人の赤ちゃんがこの病気で亡くなっていると推定されています。

生後2ヵ月から6ヵ月に多く,まれに1歳以上でも発症することがあります。

SIDSから赤ちゃんを守るための3つのポイント

 原因が解明されていないSIDSですが,つぎの3つを守ることで,発症の可能性を小さくできることがこれまでの研究で明らかになっています。

うつぶせ寝は避ける
たばこはやめる
できるだけ母乳で育てる
この記事に関するお問い合わせ先

健康推進課
〒: 312-0016
ひたちなか市松戸町1丁目14番1号
電話: 029-276-5222
ファクス: 029-276-0209
健康推進課へのお問い合わせ

更新日:2016年09月01日