遺児手当

遺児手当を受給するには申請が必要です。

1.遺児手当とは

 父母の一方または両方が死亡した児童の健やかな成長を願って,その児童を養育している方(保護者として生活の面倒を見ている方)に対して遺児手当を支給します。

2.支給対象

 ひたちなか市に住民登録があり,父母の一方または両方が死亡した満5歳から中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している保護者(以下申請者といいます。)

※15歳の誕生日後の最初の3月31日以降,引き続き中学校又は特別支援学校の中等部に在籍する場合には,その在学する間を含みます。

次の場合は支給対象外となります ※届出が必要です

  • 保護者でなくなったとき
  • ひたちなか市から転出したとき
  • 養育する児童が死亡したとき
  • 養育する児童が養子縁組により養子となったとき
  • 婚姻したとき(父又は母が受給している場合に限る。)

3.支給額

遺児手当の支給額
児童の年齢 遺児手当の額
(児童1人あたりの月額)
5歳以上小学校終了前 一律 3,000円
中学生 一律 4,000円

※所得制限はありません。

4.手続き窓口,問い合わせ先

手続き窓口

双葉のイラスト
  • 市役所本庁第3分庁舎1階 児童福祉課窓口
  • 那珂湊支所1階 保険福祉担当窓口

市役所庁舎案内図はこちら

問い合わせ先

〒312-8501 茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
 ひたちなか市児童福祉課 児童福祉担当
電話:029-273-0111(内線7223,7224)

5.請求手続きに必要なもの

  • 支給申請書(PDF:156.6KB)
  • 印鑑
  • 申請者(保護者)名義の振込先口座がわかるもの(通帳やカードなど)
  • 死亡した方の戸籍抄本(死亡日が確認できるもの)
    ※死亡日にひたちなか市に住民登録があった場合は省略できます。

そのほか,必要に応じて確認書類をご提出いただくことがあります。

6.手当支給について

認定を受けた日の属する月から支給要件を失った日の属する月まで支給します。

手当支給日:
9月30日(4月分から9月分まで)
3月31日(10月分から3月分まで)

※上記支給日が金融機関休業日の場合は,その直前の金融機関営業日に支給します。
※申請や届出の遅れ,受給資格の消滅等により随時支給をする場合もあります。

7.いろいろな届出

遺児手当の受給者の方は,次のような場合それぞれの届を提出する必要があります。

届出一覧

・ひたちなか市から転出するとき

・保護者でなくなったとき

・養育する児童が死亡したとき

・養育する児童が養子縁組により養子となったとき

・婚姻したとき(父又は母が受給している場合に限る)

受給資格消滅届(PDF:37.1KB)
手当の額が増えるとき
(5歳到達等により支給対象児童が増えたとき)
内容変更届(PDF:41.4KB)
手当の額が減るとき
(支給対象児童が減ったとき)
内容変更届(PDF:41.4KB)
支給対象の児童と別居する場合 内容変更届(PDF:41.4KB)
※別居理由によっては支給対象とならない場合もありますので児童福祉課にご相談ください。
振込先の口座を変更したい場合 口座振替申請書(PDF:76.9KB)
長期間出国する場合 児童福祉課へご連絡下さい。
その他 必要に応じて確認書類をご提出いただくことがあります。
この記事に関するお問い合わせ先

児童福祉課 児童福祉担当
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)7223,7224
ファクス: 029-272-2940
児童福祉課へのお問い合わせ

更新日:2016年09月01日