子育て応援通信 世代を超えて子育てを(1)

おじいちゃん,おばあちゃん世代の方たちへ

核家族化や共働き世帯の増加など子育てを取り巻く環境は大きく変化しています。また,本市は市外から引っ越されてきて,夫婦2人で不安を抱えながら子育てに奮闘している方も多くいらっしゃいます。

そうしたなかで,おじいちゃん,おばあちゃん世代の方たちのサポートはとても心強いもの。また,お子さんにとっても,お父さん,お母さん以外の大人との関わりから学ぶことは多いはずです。

半面,昔と今とは子育ての方法が変わり,不安や戸惑いを感じている祖父母世代の声も聞こえてきます。そこで,現在主流となっている子育て法についてご紹介します。

 

現在主流となっている子育て法

 

抱っこ:抱きぐせがつくと言われていましたが,今は赤ちゃんが泣いたら気にせずどんどん抱っこしてあげます。抱っこは,自己肯定感や信頼感など心の成長に大切だといわれています。

果汁:果汁の摂取から始まっていた離乳食も,現在は早くから与えなくても大丈夫。5,6ヶ月ごろに重湯からスタートとします。

むし歯予防:むし歯菌の感染を防ぐため,大人のお箸やスプーンの共有は避けましょう。また,毎日の歯みがきはていねいに行います。

日光浴:現在は紫外線の量が増えているため,紫外線の強い時間帯(10時~14時)の外出はなるべく避け,帽子などで直射日光を受けないようにしましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

児童福祉課 子育て支援コーディネーター
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)7227
ファクス: 029-272-2940
児童福祉課へのお問い合わせ

更新日:2017年04月07日