親の言葉を聞いてもらうコツ!

子育て応援通信

市では「どならない子育てしませんか!」をキャッチフレーズに子育て講座を実施しています。

今回は,講座から“親の言葉を聞いてもらうコツ!”を紹介します。

親の言葉を聞いてもらうコツ!

子育てをする中で,アレコレ言っていませんか。どんなに大事な話しでも聞いてもらえなくては始まりませんね。子どもに話を聞いてもらうポイントを紹介します。

 

ポイント1 言葉が伝わる環境づくりをする。

子どもに近づいて・目線を合わせる・静かな環境で…(テレビやゲームは止める)

ポイント2 子どもの気持ちに寄り添う共感的な表現を使う。

「~したい気持ちはわかるよ。でも~しようね」で表現する。

ポイント3 我が家のルールを作る。(家の中で統一した基準を決める)

子どもの意見も聞き約束する。自分が決めた決まりは守りやすい。

 

環境を整えて,どの行動が良いのか「今,~したね。偉いね。」と具体的に行動をほめると効果UP!叱るよりほめた方が子どもに伝わりやすいです。

 

 【実践編】

市が開催しているしつけ方教室「スマイル・ペアレンティング講座」を受講したみなさんの家庭での実践練習を紹介します。

<実践した内容>

♪食事の時間になるといつもは「早く食べなさい!」と言っていたが,「全部食べてから,ママと一緒にパズルで遊ぼうね。」と言ったら,がんばって食べました。「全部食べられたね。偉いね。」とほめました。

♪夕食の前に「お菓子を食べたい」と言う娘。普段は「我慢しなさい」と言っても言うことを聞きませんでした。次に,「おやつ食べたい気持ちはわかるよ。でもご飯の時間だから,明日のおやつにしようね」と子どもと目線を合わせて伝えた。繰り返し同じ声を掛けたらわかってくれました。

 

この記事に関するお問い合わせ先

児童福祉課 子育て支援コーディネーター
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)7227
ファクス: 029-272-2940
児童福祉課へのお問い合わせ

更新日:2017年12月25日