成年年齢引き下げに伴う成人式の対象年齢について

成年年齢引き下げに伴う成人式の対象年齢について

民法の一部改正に伴い,令和4年度から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。

本市では令和4年度以降の成人の日の式典の対象年齢については,引き続き20歳とすることにしました。

なお,式典の名称については今後検討し,決定いたします。

 

20歳を対象として式典を開催する理由

  • 18歳を対象にした場合,多くが高校3年生で受験や就職準備等で時間的・精神的余裕がないため,式典への出席者が少なくなると思われます。また,入学や引越し準備等で家計の負担が増える時期と式典が重複することになり,家庭の経済的負担が大きくなることが想定されます。

  • 18歳を対象として初めて開催する式典には18歳から20歳の新成人が参加することとなり,5千人規模の会場確保が必要となるため,複数箇所で同時開催するか,複数回の日程で開催することで対処する必要が生じ,実質的には困難と考えます。

  • 20歳を対象にした場合,参加者だけではなく家族も含めて受験や就職準備も落ち着いた状況で20歳を祝うことができ,家族や旧友,地域社会とのつながりをしっかりと確認することができます。また,進学や就職で市外に離れた人が地元への愛着を再確認し,就職や居住先に地元を選んでもらえる機会になることも期待できます。

今後の式典の対象者

成人の日式典の対象者
成人の日式典の開催年 対象者の生年月日
令和3年ひたちなか市成人の集い 平成12年4月2日から平成13年4月1日
令和4年ひたちなか市成人の集い 平成13年4月2日から平成14年4月1日
令和5年(仮称)ひたちなか市二十歳の集い 平成14年4月2日から平成15年4月1日

(注意)令和5年以降の名称は,今後検討して決定いたします。

この記事に関するお問い合わせ先

青少年課
〒: 312-0057
茨城県ひたちなか市石川町11番1号
電話: 029-272-5883
ファクス: 029-272-9143
青少年課へのお問い合わせ

更新日:2020年12月10日