教育長あいさつ

教育長野沢恵子の写真

教育長あいさつ

ひたちなか市教育委員会教育長 野沢 恵子

 ひたちなか市の教育は,自己を高め,明るく豊かな生活を営めるよう,ひたちなか市教育の大綱のもと「ひとりひとりの能力を開発し,豊かな人間性をつちかう」「じょうぶな身体をつくり,たくましい心を養う」「家族や地域と力をあわせ,豊かな心を育む」「ふるさとを愛し,協力しあう心を育てる」「世界に視野を広げ,国際人としての自覚を高める」の5つの柱を目標にして,学校・家庭・地域がふれあい,響きあい,磨きあい,連携・協働しながら,ともに伸びる教育を目指しております。

 今年度も「夢・感動・笑顔がひろがる教育のまち ひたちなか」をスローガンに掲げ,より一層,教育の充実を図ってまいりたいと考えています。

 グローバル化の進展や絶え間ない技術革新により,子どもたちを取り巻く環境が大きく,急速に変化している今日,新たな課題に対して身に付けた知識を応用し,自ら考え解決に向けて行動できる付加価値を創出する人材育成が求められています。

 これからの時代を生きる子どもたちが,それぞれの夢を実現するためには,変化に適応するだけでなく,自らが自立した人間として社会にかかわり,主体的に判断し,多様な価値観を持った人々と知恵を出し合い,心を支えあって共に目標に向かってよりよく生きていく力を育てる教育が必要です。そのためにも,就学前からの教育活動や授業のありかたを追究し,新たなニーズに対応した豊かな学びを推進します。

 また,情報技術の発展は,仮想空間や便利な生活を実現させますが,人とふれあう絆づくりや自然や体験活動から得られる感動は,心の豊かさを育成します。特に,コツコツと努力し自分なりに成長した姿を実感したり,みんなで力を合わせて目的を達成したりすることは成就感とともに感動をもたらします。様々な活動において感動を得られる機会や環境をつくり,子どもたちに自信と意欲をつけ,生きる力を育む学びの場の創出に努めてまいります。

 そして,「夢」の実現や「感動」ある教育活動の土台としているのが「笑顔」がひろがる教育環境づくりです。学校・家庭・地域と連携し,すべての子どもたちが様々な場所で自分の居場所を得て,互いに尊重し支えあい,共存できる環境を作り,子どもたちの笑顔を広げていけるよう努めてまいります。そのためにも今年度は,市内全小中学校で,不登校やいじめ等の未然防止につながる「魅力ある学校づくり」に取り組むとともに,児童・生徒自ら笑顔が広がる取り組みを考え実践する「笑顔プロジェクト」を展開し,笑顔の輪が学校だけでなくひたちなか市全体に広がることを期待して努めてまいります。

 次の世代を平和にたくましく生き抜ける,「知性と豊かな人間性を備えた 心身ともにたくましい」子どもたちを育成するために,児童生徒・保護者・地域の方々とともに,関係機関と連携・協力しながら取り組んでまいりますので,より一層のお力添えをお願いいたします。

 平成30年4月

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会事務局総務課
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)7305,7306
ファクス: 029-274-2430
教育委員会事務局総務課へのお問い合わせ

更新日:2018年09月19日