先輩職員からのメッセージ(事務)

企画部 市長公室 広報広聴課 長崎 麗子(平成30年度採用)

事務の写真1

ひたちなか市を志望した理由は?

 私は県外の出身ですが,縁あってひたちなか市に引っ越してきました。市に関する知識も少なく,知り合いもいなかった私は,「地域の人とふれあいながら,まちや暮らしと密接に関わる仕事がしたい」と思い,市役所を目指しました。また,前職で放送局に勤めていた経験を活かし,自分自身がひたちなか市の魅力をみつけながら,それを多くの人に発信していきたいという思いもあったので,広報広聴課を志望しました。

担当している業務は?

 「市報ひたちなか」の作成や,「まちの話題ブログ」の更新,ラジオやデータ放送といった他メディアへの情報提供など,市の情報を発信する広報業務を担当しています。行政情報から地域密着の話題まで,年間を通して市の出来事を幅広く発信できるよう,イベントや地域の取り組みを取材しています。

事務の写真2

仕事の中で印象に残っていること(仕事のやりがいやおもしろさ)

 自分が撮影した写真や,書いた記事が初めて市報に載ったときは嬉しかったです。市報はミスがないよう何度も校正をしますが,印刷されて出来上がったものを開くときは緊張の一瞬です。また,まちの話題をツイッター(@hitachinakacity)に投稿したとき,多くの「いいね」とリツイートをしてもらえたときも感動しました。一人でも多くの人に見てもらえるよう,工夫を凝らして情報発信していきたいです。

将来の目標

 市民の目線に立ち,どんな記事だったら読みやすいか,何が求められているかを考えて市報をつくっていきたいです。文章力や,写真を撮る技術の向上はもちろんですが,取材先で出会う人たちと積極的にコミュニケーションをとって,温かみのある市報をつくっていけるよう努めます。 

受験を予定している方へのメッセージ

 今は漠然と「市役所で働きたい」,「公務員になりたい」と考えている方もいると思います。ぜひ,市役所に入所したらどんな仕事をやってみたいかを具体的に考え,そこで働いている自分をイメージしてください。市職員の仕事は多岐に渡ります。例えば「広報広聴課に入って,地元の祭りを密着取材したい!」といった熱意を持つことができたら,面接官の質問にも戸惑うことなく答えられると思います。(ただし,希望の課に配属されるとは限りません…)

企画部 企画調整課 清水 栄伸(平成29年度採用)

ひたちなか市を志望した理由は?

 高校・大学時代に地元を離れてみて,自らの地元愛に改めて気づきました。一方,実家に帰省するたびに,商店が次々と閉店し,街並みが少し寂しくなっていくのを感じたのも事実です。そこで,私の生まれ故郷であるひたちなか市の更なる発展に貢献したいと思い志望しました。

担当している業務は?

 私が主に取り組んでいる業務は,旧県立那珂湊第二高等学校の利活用について検討することです。旧那珂湊二高は平成23年に閉校となりましたが,那珂湊地域の市街地に立地していることから市が取得し,これまで市内の小中学校の耐震化工事中の代替校舎として暫定利用してきました。現在,学生や地域住民との検討会議を定期的に行い,平成30年度以降のの恒久的な利活用を模索しています。

仕事の中で印象に残っていること(仕事のやりがいやおもしろさ)

 旧那珂湊二高利活用の会議に参加している地域住民の方に,「那珂湊地域の発展は君にかかっている。」と言われたことです。その際に,自分自身が地域の活性化や地域の課題解決に資するような事業に携わっているということを実感し,やりがいを感じました。

将来の目標

 問題解決能力の高い職員になりたいです。今後は,ひたちなか市においても,少子高齢化がますます進展していき,地域の抱える課題も前例の無いものばかりになっていくことが予想されます。地域の抱える課題を解決していくことで,市の発展に貢献したいと考えています。

受験を予定している方へのメッセージ

 試験勉強に疲れた際は,市内の観光スポットを訪れてみてください。息抜きにもなりますし,ひたちなか市の新たな魅力を発見することができるかもしれません。来年の春から,チャレンジ精神にあふれる皆さんと共に仕事ができることを楽しみにしています。

総務部 管財課 岡見 祐奈(平成29年度採用)

ひたちなか市を志望した理由は?

 私は市外の出身ですが,ショッピングやレジャーなど様々な面で魅力溢れるひたちなか市は、幼いころからずっと生活の中心にありました。ひたちなか市に対する愛着は,地元の方にも負けない自信があります。そんな大好きなひたちなか市を、陰ながらサポートし,更に発展させていくことのできる仕事がしたいと考え,志望しました。

担当している業務は?

 庁舎管理や保険業務などに加え,土地の現地調査や工事現場の立ち会いなど外に出ることも多く、様々な種類の業務を担当しています。今は仕事を覚えることで精一杯で戸惑うこともありますが,優しい先輩方からの教えを受け,少しずつ成長できるよう努力しています。

仕事の中で印象に残っていること(仕事のやりがいやおもしろさ)

 管財課の業務は,単にデスクワークでの管理だけではなく,実際に現場に行き、自分の目で確かめたり,手を加えたりすることも多く,目に見える形で成果が得られるので,大きなやりがいを感じています。入所前に持っていた市役所の仕事のイメージとは異なりアクティブな仕事も多いので,毎日新鮮な気持ちで取り組んでいます。

将来の目標

 どんな仕事でも,誠意をもって,柔軟に対応することができる職員になることです。市役所には,本当にたくさんの部署があります。すべての部署にいくことは不可能ですが,できるだけ多くの仕事に触れ,たくさんの経験を積み,自分を成長させるチャンスに変えていきたいと考えています。そして,少しでも多く,ひたちなか市の可能性を広げていくことが今の目標です。

受験を予定している方へのメッセージ

 受験生のころの私は,毎日試験勉強だけに追われていました。しかし,これから受験する皆さんには,それだけでは終わってほしくないということを伝えたいです。入所前の時間は,素敵な職員になるための大切な準備期間です。なぜひたちなか市がいいのか,ひたちなか市をこれからどうしたいのか,思いを巡らせてみて下さい。たくさんのアイディアに溢れた皆さんにお会いできることを楽しみにしています。ぜひ一緒にひたちなか市を盛り上げていきましょう。

税務事務所 資産税課 大森 壮真 (平成29年度採用)

事務の写真3

ひたちなか市を志望した理由は?

 大学生のときに地元であるひたちなか市を離れたことで,改めてひたちなか市の魅力に気づきました。卒業後はひたちなか市の発展に携わりたいという思いから志望しました。

担当している業務は?

 私は固定資産税における土地評価を担当しています。法律に定められた基準に基づき,現地調査を経て,土地の利用状況や所在地等を考慮し土地の価格を決定します。そこで求められた土地の資産価値に応じて税額を算出し賦課をするという仕事をしています。

事務の写真4

仕事の中で印象に残っていること(仕事のやりがいやおもしろさ)

 複雑な税の制度なので,資産税課の窓口に疑問を持って問い合わせをする方々が多数いらっしゃいます。そうした方々に,誠意を持って説明をしたとき,「よく分かったよ。ありがとう。」だったり,「丁寧な説明で分かりやすかったよ。」というような言葉をかけられると,とても嬉しく思います。市民に内容を理解していただき,納得して税金を納めていただくことがこの仕事のやりがいだと考えています。

将来の目標

 大きな目標で言うと,私が市民の皆さんに信頼される職員になることで,ひたちなか市への市民の信頼に少しでも繋がるといいなと思っています。私たちは法律や条例といった遵守するべきものがあるため,市民のニーズに全て応えられるわけではありません。しかし,個々の状況に応じて最善の対応ができれば,自ずと信頼へ繋がると考えています。そのために担当業務に必要な知識のみならず,様々な情報を吸収し,仕事へ繋げる力を身につけることが今の目標です。

受験を予定している方へのメッセージ

 試験勉強でとても忙しい日々を過ごされていると思います。しかし,是非それ以外のことにも力を注いでください。様々なものを見たり聞いたり経験することで育まれた豊かな知識や人間性は,実際に仕事が始まってからあなた自身を助けてくれると思います。パワーあふれる皆様をお待ちしています。

市民生活部 市民活動課 栗田 佳奈 (平成28年度採用)

事務の写真5

ひたちなか市を志望した理由は?

 学生時代に経験したインターンシップで,市役所の仕事はデスクワークだけではないことを知りました。実際に市民の方と関わりながら行う業務に魅力を感じ,自分も市の職員として,さまざまな視点から市民の方の暮らしをサポートしたいと考えました。そして,ひたちなか市の前向きなまちづくりに私も参加したいと考えたため,志望しました。

担当している業務は?

 国際交流協会のボランティアの方々が主体となり実施する各種イベントの企画や,市内にお住まいの外国人の方を対象とした日本語教室の運営をサポートしています。その他にも,市内で活動するNPO団体の届出書の受理や,ボランティア活動のサポートを担当しています。

事務の写真6

仕事の中で印象に残っていること(仕事のやりがいやおもしろさ)

 市民の方々と直接つながりを持ってイベントの企画や活動のサポートをしている時,仕事が楽しいと感じます。慣れない仕事にとまどう場面もありますが,職場の先輩や市民の方にも多くのことを教えていただいています。市民の方と連携して活動をおこなっているとき,やりがいを感じます。

将来の目標

 一人ひとりの市民の方に対して,親身に向き合える職員になることです。すべてのニーズに応えることには限界があるかもしれませんが,話を聴く姿勢を大切にして,市民の方との直接的な関わりを大切にしていこうと思います。

受験を予定している方へのメッセージ

 市役所の仕事は非常に幅広く,そこが市役所の大きな魅力の一つだと私は考えています。どの分野の業務でも市民の方の暮らしをサポートする大切な仕事です。受験勉強は大変かと思いますが,ひたちなか市で働きたいという気持ちを忘れずに頑張ってください。来年の春,お会いできることを楽しみにしています。

市民生活部 スポーツ振興課 大内 快晴(平成30年度採用)

事務の写真7

ひたちなか市を志望した理由は?

 私は以前民間の企業で働いていましたが,次第に直接的に人々のために働きたい,役に立ちたいという思いが強くなりました。勤めていた会社を辞め,改めて自分が本当にやりたいことは何なのか考えた時,市の職員となって,自分を長い間育ててくれたひたちなか市発展のため,市民のために働きたいと思い志望しました。

担当している業務は?

 スポーツを通じた人々の健康や,青少年の健やかな成長を促進するために,市内の様々なスポーツ事業やイベントのお手伝いをしています。また,毎年市内で行われている勝田全国マラソン大会や三浜駅伝競走大会といった,市を挙げて開催されるスポーツ事業の運営も担当業務の一つです。

事務の写真8

仕事の中で印象に残っていること(仕事のやりがいやおもしろさ)

 私自身,中学生の時からずっとスポーツを続けているのですが,スポーツが出来る環境を維持することの難しさや大会等を開催するために多くの方に協力していただいているということをスポーツ振興課に配属されてから改めて実感しました。私も大会等を含め様々なスポーツ事業に関わり,スポーツを楽しみたいという多くの方のお手伝いができているということにやりがいを感じています。

将来の目標

市役所には多くの部署があり,それぞれが違った役割を持っているため必要な知識も多岐にわたります。市民と共に業務にあたりながら知識を深め,誰からも信頼される職員になりたいと考えています。また,私自身もスポーツが好きなので,これからスポーツを始めたい方,これまであまりスポーツに関心が無かった方などに対してスポーツの様々な魅力を伝えていきたいと思います。

受験を予定している方へのメッセージ

 受験に向けて様々な不安に立ち向かっていることと思いますが,ひたちなか市をより良くしたいという強い意志を持ち,今出来る精一杯の努力をして欲しいと思います。ただ,あまりにも勉強ばかりしていると気が滅入ってしまうので休息もしっかりと。何事もメリハリが大切です。ひたちなか市職員となった皆さんにお会いできることを心から願っております。

福祉部 介護保険課 野崎 なみ(平成29年度採用)

事務の写真9

ひたちなか市を志望した理由は?

 小さい頃から住んでいるまち。まさか離れるとは思ってもいませんでした。大学の4年間を別の土地で過ごし,早くひたちなか市に戻りたいと思ったものです。実は新卒採用を目指して試験を受けましたが,あっけなく落ちた過去もあります。一般企業へ進みましたが,ふともう一度挑戦したい気持ちが生まれました。改めて言葉にすると恥ずかしいですが,好きなまちで,そこに住む方々のために働きたい。これが一番の動機だったと思います。

担当している業務は?

 介護保険の,主に保険料の収納に関連する業務に従事しています。介護保険料は64歳までは健康保険料と同時に各組合へ支払い,65歳からは市町村へ直接払うことになります。その切替に付随する通知業務,問い合わせへの対応,それに加え様々な理由で多くいただきすぎた分の返金を行っています。

事務の写真10

仕事の中で印象に残っていること(仕事のやりがいやおもしろさ)

 前職にはなかった「窓口業務」に一喜一憂する毎日です。慣れないうちは全く説明できず,不甲斐なさを強く感じる業務でもありました。最近では一人でも対応できることが増え,説明後に「ありがとう,また何かあったときはあなたにお願いしたい」といった言葉をいただき,舞い上がったりもします。あれもこれも,とたくさん説明しすぎてしまうことは反省点の一つです。

将来の目標

 最初の一年は主にサービスを利用した市民に関わり,今年からは新しく保険料に関わることに従事しています。一年かけて覚えたことが,今になってようやく理解できるということも少なくありません。当たり前のことですが,介護保険課の中だけでもただ一つの業務を行っていれば済むことはありません。もっと自ら進んで多くの業務に携わり,理解の幅を広げていきたいと思っています。

受験を予定している方へのメッセージ

 みなさん,「市役所で働くってこういうこと」とそれぞれイメージがあると思います。私もありました。良い意味で,裏切られることになるでしょう。正直,入ってみなければわからないことがたくさんあります。迷っているなら,是非挑戦してください。私は挑戦して良かったと,つくづく思っています。

福祉事務所 社会福祉課 小池 加菜(平成29年度採用)

事務の写真11

ひたちなか市を志望した理由は?

 学生時代に市役所でインターンシップを経験したなかで,市役所ではデスクワークなどの事務仕事だけでなく,現場へ赴き市民と直接関わりあったり街が安全であるよう整備を行ったりと,あらゆる分野から市がより良いまちになるために仕事を行うことを知りました。私もその一員となって地元であるひたちなか市の発展に貢献したいと思ったことから,ひたちなか市を志望しました。

担当している業務は?

 主に,生活保護を受給している方や生活に困っている方を対象とした相談業務を行っています。相談者の抱える悩みや問題は多種多様で複雑なものも多いため,あらゆる法令や各種助成制度を活用して問題解決に努めています。幅広い分野の制度に精通することや,相談者の抱える問題背景を客観視して適切な助言をすることが求められるため,日々学ぶ姿勢を忘れずに業務に励んでいます。

事務の写真12

仕事の中で印象に残っていること(仕事のやりがいやおもしろさ)

 相談に来られた方に,「相談して良かった。」とお礼を言われたことです。相談業務は,それぞれに抱えるナイーブな事情にまで踏み込んだうえで,その方の生活が救われるような各種助成制度や生活保護制度についての説明を行わなければなりません。人々の生活に直接影響を及ぼす業務を担うことは非常に難しく,不安になることも度々ありますが,面談を終えた際の相談相手の安堵の表情を見たりお礼を言われたりするときは,大きなやりがいを感じます。

将来の目標

 市民のニーズに対し寄り添って考えることのできる職員になりたいです。法のもとで働いているためすべてのニーズに応えることは難しいと思われますが,物事を機械的に判断するのではなく,相談相手の気持ちに寄り添ってともに考えるということを常に念頭において日々の業務にあたりたいです。

受験を予定している方へのメッセージ

 ひたちなか市には多くの魅力があり,それを支えつつ発展を目指す市役所の仕事内容は多種多様です。どの分野においても,市役所内部や企業,市民などさまざまな人々と連携しながらまちづくりに貢献できる,大変やりがいのある仕事です。受験を控える皆さんのこれまで経験して得たものを活かし,一緒にひたちなか市を盛り上げましょう。

福祉事務所 児童福祉課 笹原 春華(平成29年度採用)

事務の写真13

ひたちなか市を志望した理由は?

 私は,結婚を機にひたちなか市に転入してきました。転入当初は知り合いも少なく,不安な中で出産や子育てとさまざまなライフステージを経験しました。しかし,ひたちなか市には多くの子育て世代向けのイベントや家族連れで楽しめる観光スポットがあり,私の中の不安は徐々に楽しさに変わっていきました。そのような経験から,次は自分自身が主体となってこのまちをより良くしたい,まち全体で子どもたちを見守り,育てていけるような取り組みをしたいと思い,志望いたしました。

担当している業務は?

 主に,保育所の入所関連業務をしています。入所申し込みの受付から審査,結果の発送までを行っています。また,窓口で保育所に関する相談を受けたり,その内容によって関係機関と連携をとっています。その他,すでに在園している児童の状況を常に把握し個別に対応したり,待機児童について集計や調査等を行っています。

事務の写真14

仕事の中で印象に残っていること(仕事のやりがいやおもしろさ)

 日頃は窓口に出ることが多く,応対するのはほとんどが同じ子育て世代のお母さん方なので,つい「ママトーク」で盛り上がってしまうことがありますが,市民に近い存在でいられることにやりがいを感じています。また,「あなたに相談してよかった」と言っていただけたり,「不安なことが解消できて安心した」という声を聞けたときには,市職員として市民のお役に立てたことを実感します。

将来の目標

 どのような場面でも,市民と同じ目線で物事を考えられる職員になりたいと思っています。そのためには,市職員としてだけではなく,社会人として,女性として,そして母としての幅広い視野を持つことを忘れないことが大切だと考えています。

受験を予定している方へのメッセージ

 子育てしながらでも働きやすい職場です。職員同士の連携も密にとれており,困ったときに気軽に相談できる先輩職員がたくさんいます。ぜひ一緒にひたちなか市を盛り上げていきましょう。

経済環境部 観光振興課 鳴戸 渓太(平成30年度採用)

事務の写真15

ひたちなか市を志望した理由は?

 観光でひたちなか市を訪れ,その環境に魅せられたことが志望に至ったきっかけです。豊かな自然環境に恵まれながら,産業という点でも多くの企業が立地するひたちなか市は,住環境として秀でているのみならず,これから更に伸びていく都市であると感じると共に,そうした成長の波の中で自身も働きたいと考え志望しました。

担当している業務は?

 観光振興課に配属され,観光イベントの運営や企画に携わっています。新人ではありますが,一部夏のイベントなどは担当として,開催に向けた準備段階から業務にあたっています。そのほかイベントポスターの掲示や,観光に関わる市有施設の整備や維持も担当しています。

事務の写真16

仕事の中で印象に残っていること(仕事のやりがいやおもしろさ)

 イベントにどういったコンテンツを盛り込むかと頭を悩ませ,ふと浮かんだアイデアが採用された時はうれしい気持ちになります。まだ私のアイデアが実際に形になったことはありませんが,自分の考えたコンテンツで楽しむお客様の様子を見ることができればこれに勝る喜びは無いのだろうなと想像しています。また,観光振興課での仕事を通して地域の方々や様々な団体の皆様と関わる機会がありますが,一口に観光振興や地域振興と言ってもそれぞれに違った考えがあるということを実感しております。正解の無い中で様々な人々の思いや考えに触れながら,行政という立場から行動していくというのは,難しい点でもありますが大きなやりがいでもあると感じています。

将来の目標

 入庁後最初のイベントは勝田駅前"ROCK"オブジェの贈呈セレモニーでした。セレモニー時の来賓ブースの装飾の作成など準備に追われておりましたが,その中でいただいた「どんなことでも,全力でやるから面白くなる」という言葉が記憶に残っております。「観光振興」という業務は,場合によっては目に見えた効果というものを計りづらい部分があるかと思いますが,市を盛り上げるという大目標に向かい何事にも全力で打ち込む職員でありたいと考えております。

受験を予定している方へのメッセージ

 市職員として働く中で日々実感しているのは,市職員も市民の皆様も,皆「より良くしていこう」という気持ちを強く持っていることです。私自身ひたちなか市役所への入庁を機に市内に住み始めましたが,市職員としても一市民としても面白い環境に身を置いているなと感じています。ひたちなか市の高いポテンシャルをより引き出し,地域の発展を牽引していきたいという志のある方には多くの活躍の機会を得られる職場だと思います!

教育委員会事務局 学務課 山崎 由梨花(平成29年度採用)

事務の写真17

ひたちなか市を志望した理由は?

 高校時代に教員を志し,大学で教育学部に所属しましたが,様々な講義を受けるたび,学校だけで行う教育活動には限界があることを痛感しました。教育とは,学校・地域・家庭・行政の強い連携があってこそ成り立つものであると思います。そこで私は,行政という方面から教育について何かできることがないだろうかという想いから,自分が生まれ育ったひたちなか市を志望しました。

担当している業務は?

 学校で使用する備品の購入や修繕に関する事務を担当しています。教員や子どもが日常的に使用する机,椅子や棚等はもちろんのこと,放送設備や消火器,カーテンなど,取り扱う備品は多岐に亘ります。また,耐震工事に伴う学校・幼稚園の移設に関する事務等も担当しています。
どの業務にあたっても,学校の要望を可能な限り反映できるように日々奔走しています。

事務の写真18

仕事の中で印象に残っていること(仕事のやりがいやおもしろさ)

 教員や子どもの視点を意識しながら,行政の立場からより良い学校づくりのサポートができること,また,自分が教育に携わっているという実感を持てることが大きなやりがいです。
その中でも,購入を担当した備品が実際に活用されている場面や,移設を担当した学校の子どもたちが新校舎で元気に生活している場面は,達成感や安堵感とともに強く印象に残っています。

将来の目標

 今現在は直接学校に関わることができていますが,今後教育委員会ではない部署に異動しても,ひたちなか市の教育をより良いものにしたいという初心を忘れずに,『夢、感動、笑顔がひろがる 教育のまち ひたちなか』の実現のために多角的に関っていくことを目標としています。結果として「ひたちなか市に住みたい!」と思ってもらえるようなまちづくりに貢献できる職員になりたいです。

受験を予定している方へのメッセージ

 ひたちなか市には様々な分野の仕事が幅広くあるので,いつか自分のやりたいこと・好きなことが仕事に活かせる日が必ずやってきます。そのときに自信を持って取り組めるよう,今のうちにできることを全力でやってみてください。その経験は必ず自信につながります。
来年度,やる気にあふれるみなさんとお仕事ができることを,今から楽しみにしています。

教育委員会事務局 青少年課 西野 弘晃(平成29年度採用)

事務の写真19

ひたちなか市を志望した理由は?

 大学卒業後は,民間企業に就職し茨城県内各地で勤務を経験しました。他の市町村で働く中でひたちなか市の魅力に気づき,生まれ育ったひたちなか市の発展に貢献しようと考えたときに,それを実現できるのはひたちなか市役所ではないかと思い志望しました。

担当している業務は?

 洋上学習・自然体験キャンプといった小学生を対象とした体験学習事業の企画・運営や,ひたちなか市高校生会やボーイ・ガールスカウトといった青少年団体との協働など,子どもたちを対象とした事業を担当しています。市役所の仕事といえばデスクワークのイメージが強いかと思いますが,子どもたちや関係団体とのコミュニケーションや,屋外での活動も沢山あります。

事務の写真20

仕事の中で印象に残っていること(仕事のやりがいやおもしろさ)

洋上学習や自然体験キャンプの期間中に子どもたちは驚くほど成長します。自分が企画・運営した事業によって成長した姿を見て,「実施して良かった!」,「次も頑張ろう!」と思います。また,ボランティアグループの「ひたちなか市高校生会」の事務局を担当する中で,卒業生が希望の進路に進めたときは凄く嬉しかったです。

将来の目標

 市のどのような業務を担当してもプロフェッショナルに仕事をこなせるようになりたいです。将来,自分の仕事を振り返ったときに「この仕事をやって良かった」と思えるような結果を残していきたいと思います。今は,子どもたちのためになるような事業を実施し,将来を担う子どもたちの成長に貢献していきたいと思います。

受験を予定している方へのメッセージ

 市の業務は窓口での応対をはじめ市民と直接ふれあう機会が多いため,どの職場においてもコミュニケーション力が大切になってきます。仕事を通して市民との強い繋がりができるのも市役所で働く魅力の一つです。また,ひたちなか市にはすばらしい観光や産業が沢山あります。これから一緒にひたちなか市の魅力を発信していきましょう!!

この記事に関するお問い合わせ先
人事課
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)1251,1252,1253,1254
ファクス: 029-275-0039
人事課へのお問い合わせ

更新日:2018年05月25日