避難行動要支援者支援制度

この制度は

災害が起きた時に手助け(支援)を必要とする方に対して,自治会や隣近所など「地域支援者」が連携して支援していく制度です。

避難行動要支援者とは

ひとり暮らしの高齢者や障害のある方など,避難をするのに手助け(支援)を必要とする方を指します。

地域支援者とは

本制度では,地域の自治会や隣近所の協力者を「地域支援者」としており,災害が起きたときの安否確認,避難の手助けとともに,避難行動要支援者への日頃からの声かけをお願いしております。

そのため,支援者も支援される側も,日頃から自治会活動に参加するなど,平常時からの顔が見える関係づくりをお願いしています。

地域支援者の選任にあたっては,自治会長(自主防災会長),民生委員・児童委員が中心となって行っています。

※地域支援者には,できるかぎりの支援をお願いするものであり,必ずしも支援ができるものではありません。

登録要件

ひたちなか市では,次の方を対象としています。

1

65歳以上の一人暮らしの方

2

寝たきり(要介護3以上)の方

3

認知症(要介護3以上)の症状を有する方

4

身体障害者手帳(1・2級)の交付を受けている方

5

療育手帳(マルA・A)の交付を受けている方

6

精神障害者保健福祉手帳(1・2級)の交付を受けている方

7

前各号に掲げる者に準ずる症状のある方

登録手続きについて

本制度の支援を希望する方は,避難行動要支援者調査票(台帳)に必要事項を記入の上,提出する必要があります。なお,登録にあたり,支援のために必要な個人情報を自治会(自主防災会),消防,民生委員・児童委員,地域支援者等への情報提供に同意が必要となります。

登録用紙は,生活安全課,高齢福祉課,障害福祉課,介護保険課に備えてあるほか,下記よりダウンロードできます。

その他

この記事に関するお問い合わせ先
生活安全課
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(代表)3211,3212
ファクス: 029-271-0851
生活安全課へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日