茨城沿岸津波対策検討委員会の検討結果

茨城沿岸津波対策検討委員会の検討結果について(津波浸水想定について)

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災による甚大な津波被害を受け,内閣府中央防災会議専門調査会では,新たな津波対策の考え方を平成23年9月28日(東北地方太平洋沖地震を教訓とした地震・津波対策に関する専門調査会報告)に示しました。

 この中で,今後の津波対策を構築するにあたっては,基本的に二つのレベルの津波を想定する必要があるとしています。一つは,防波堤など構造物によって津波の内陸への浸入を防ぐ海岸保全施設等の建設を行う上で想定する津波(L1津波)です。もう一つは,住民避難を柱とした総合的防災対策を構築する上で想定する津波(L2津波)です。

 茨城沿岸津波対策検討委員会では,L1津波に対する津波対策として,護岸・堤防等の堤防整備検討の目安となる「目指すべき堤防高」について検討しました。また,L2津波に対しては,総合的防災対策を構築する際の基礎となる「津波浸水想定」について検討を行いました。

 その結果(目指すべき堤防高,津波浸水想定)については,茨城県土木部河川課のページにて公表されています。

 また,市では,この結果を反映したハザードマップを作成する予定です。

想定津波レベルと対策のチャート図
この記事に関するお問い合わせ先
生活安全課
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(代表)3211,3212
ファクス: 029-271-0851
生活安全課へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日