指定居宅介護支援事業に係る条例・規則

1 条例・規則制定の背景

今般、介護保険法(平成9年法律第123号)の改正により、平成30年4月1日より居宅介護支援事業者の指定権限が都道府県から市町村へ移譲されました。

ひたちなか市では、条例は平成30年3月議会において議決され、規則も平成30年3月29日に制定されました。

2 ひたちなか市で制定した条例・規則

(注釈)必要書類は,ご自分のコンピュータに保存してからご覧下さい。

  • Windowsの方は右クリックして「対象をファイルに保存」
  • Macの方はマウスボタンを長押しして「リンクをディスクにダウンロード」

3 規則においてひたちなか市が独自に設けた基準

記録の整備について

 厚生労働省令では,従業者,設備,備品及び会計に関する諸記録を整備することと,サービスの提供に係る各記録を完結の日から2年間保存することを義務として定めています。

 しかし,介護報酬の返還請求の消滅時効が5年であるため,ひたちなか市では,従業者の勤務実績に関する記録,居宅介護サービス計画費(介護報酬に関する記録),利用料その他の費用の額の支払に関する記録の保存期間を完結の日から5年とします。

4 管理者の要件

令和3年4月1日以後,居宅介護支援事業所の管理者となる者は,いずれの事業所であっても主任介護支援専門員でなければなりません。

ただし,令和3年3月31日時点で主任介護支援専門員でない者が管理者である居宅介護支援事業所については,当該管理者が管理者である限り,管理者を主任介護支援専門員とする要件の適用を令和9年3月31日まで猶予することができます。

詳細は以下のページをご確認ください。

5 経過措置

以下義務付けの適用に当たって,3年間の経過措置が設けられています。令和6年3月31日までは努力義務ですが,令和6年4月1日より義務化されます。

(1)虐待の防止

(2)業務継続計画の策定等

(3)感染症の予防及びまん延の防止のための措置

この記事に関するお問い合わせ先
介護保険課
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)7241,7242,7243,7244,7245,7246,7247
ファクス: 029-354-1062
介護保険課へのお問い合わせ

更新日:2021年08月17日