C型肝炎救済特別措置法による給付金の請求期限が延長されました

給付金の請求期限は、2023年(平成35年)1月16日までに延長されました

厚生労働省では、1994年頃までに出産や手術での大量出血などの際に、特定の血液製剤によりC型肝炎ウイルスに感染された方に対して給付金を支給しています。

特定C型肝炎ウイルス感染者救済特別措置法に基づき、給付金の支給を受けるためには、2023年(平成35年)1月16日までに国を被告とした訴訟の提起等を行う必要がありますので、最寄りの弁護士会などにご相談ください。

相談窓口

本給付金の仕組みについて、ご不明な点等がございましたら、下記までお問合せください。

【厚生労働省フィブリノゲン製剤等に関する相談窓口】

フリーダイヤル 0120-509-002

受付時間 9:30から18:00(土・日・祝日・年末年始を除く)

【医薬品医療機器総合機構】

フリーダイヤル 0120-780-400

受付時間 9:00から17:00(土・日・祝日・年末年始を除く)

関連リンク

C型肝炎訴訟の原告の方々との和解の仕組み・給付金の請求期限に関するお知らせ(厚生労働省のページ)

更新日:2018年05月31日