胃がん検診(集団検診・医療機関検診)

胃がん検診(集団検診・医療機関検診)

対象者

40歳以上の方

(注釈)年齢は2020年3月31日現在

検診内容

集団検診:X線検査

医療機関検診:X線検査または内視鏡検査

胃がん検診は,集団検診または医療機関検診のいずれか一方の登録になります。

 

個人負担金

集団検診

40歳から74歳,後期高齢者医療被保険者(3割):1,400円

後期高齢者医療被保険者(1割):500円

 

医療機関検診

40歳から74歳、後期高齢者医療被保険者(3割):4,600円

後期高齢者医療被保険者(1割):1,500円

(注釈)内視鏡検査時に感染症予防のための検査が必要な場合は,別途自己負担(1,000円)があります。

(注釈)検診の結果、医療処置等が必要な場合は、別途自己負担がかかる場合があります。

実施時期

集団検診

2019年5月から2020年1月

(注釈)10月,12月の日程は混雑が予想されます。5月,1月の日程をお勧めします。

医療機関検診

2019年4月から2020年1月

(注釈)胃がん医療機関検診の受診期限は2020年1月31日(各医療機関診察日まで)です。11月,12月,1月は大変混み合いますので早めに受診してください。

申込方法

胃がん集団検診は全日程予約制になります。希望する検診日の前月20日までにヘルス・ケア・センターに電話・ファクス・電子申請にてお申し込みください。日程は,「2019年度胃がん集団検診受診券裏面」,または,下記リンクにてご確認ください。

なお,5月検診日程については,検診予約受付締切を4月25日(木曜日)とします。

定員となりましたら予約を締め切り,別日のご案内となりますので,ご了承ください。

2019年度検診協力医療機関一覧

胃がん検診の協力医療機関は下記リンクからご覧ください。

各種がん検診・ヤング健診は有料です

受診される際には個人負担金があります。(詳細については,各種がん検診,ヤング健診の内容をご覧ください)

下記に該当する方は,必ず検診当日に各証明書をお持ちください。

後期高齢者医療被保険者

「後期高齢者医療被保険者証」を持参してください。

75歳以上(一定の障害がある場合には65歳以上)の方の個人負担金は『後期高齢者医療被保険者証』に記載されている一部負担金の割合を基準にしています。後期高齢者医療被保険者証(下図参照)を交付されている方は,個人負担金(1割・3割)確認のため,必ず持参してください。

医療受給者証の見本の画像

市民税非課税世帯・生活保護法による被保護世帯の方は無料になります。

市民税非課税世帯の方

「非課税世帯証明書」(原本)を提示してください

(注釈1)2019年度の非課税世帯証明書は6月以降に発行されます。それ以前に受診される方は前年度の非課税世帯証明書を提示してください。

(注釈2)非課税世帯証明書は,市民税課・市民課・那珂湊支所・市毛コミュニティセンター市民課窓口・前渡コミュニティセンター市民課窓口・佐野コミュニティセンター市民課窓口にて交付します。

生活保護法による被保護世帯の方

「生活保護受給証明書」を提出してください

(注釈)生活保護受給証明書は社会福祉課にて交付します。

この記事に関するお問い合わせ先

健康推進課
〒: 312-0016
ひたちなか市松戸町1丁目14番1号
電話: 029-276-5222
ファクス: 029-276-0209
健康推進課へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日