生涯保健センター人材バンクの実施要綱

ひたちなか市訓令第30号

(趣旨)
第1条 この要綱は,資格免許等を有する者でひたちなか市生涯保健センターにおいて臨時職員又は嘱託職員として勤務を希望するものの効率的な雇用管理を図るため,ひたちなか市生涯保健センター人材登録雇用制度(以下「人材バンク」という。)を実施することについて必要な事項を定めるものとする。

(対象となる職種)
第2条 人材バンクの登録の対象となる職種は,次に掲げるものとする。
(1) 看護師
(2) 管理栄養士
(3) 歯科衛生士
(4) 助産師
(5) 保育士
(6) 保健師
(7) 臨床検査技師
(8) その他市長が認める者

(登録の要件)
第3条 人材バンクに登録できる者は,次に掲げる要件をすべて満たすものとする。
(1) 本市及び近隣市町村に在住していること。
(2) 登録を申請する職種に必要な資格免許等を取得していること。
(3) 職務遂行上支障を来さない良好な健康状態を有していること。

(登録の手続)
第4条 人材バンクに登録を希望する者は,ひたちなか市生涯保健センター人材バンク登録申請書(様式第1号)により,資格免許証の写しを添えて市長に申請しなければならない。
2 市長は,申請書を受理したときは,ひたちなか市生涯保健センター人材バンク登録者名簿(様式第2号)へ登録するものとする。

(登録申請書の保存年限)
第5条 ひたちなか市生涯保健センター人材バンク登録申請書の保存年限は,登録又は継続登録の申請を受理した日から3年とする。

(登録の変更届)
第6条 ひたちなか市生涯保健センター人材バンク登録者名簿に登録された者(以下「登録者」という。)は,登録内容に変更が生じたときは,ひたちなか市生涯保健センター人材バンク登録変更届(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(登録の有効期間)
第7条 登録の有効期間は,申請書を受理した日の属する年度の翌年度の末日までとする。

(登録の継続)
第8条 登録者は,登録の有効期間満了後も引き続き登録の継続を希望するときは,登録有効期間が満了する前に,ひたちなか市生涯保健センター人材バンク継続登録申請書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

(登録の取消)
第9条 市長は,登録者が次の各号のいずれかに該当するときは,その登録を取り消すことができる。
(1) 登録の有効期間が満了したとき。
(2) 本人から登録の取消しの申出があったとき。
(3) 登録の内容に偽りがあったとき。
(4) この要綱の規定に違反すると認められるとき。

(人材バンクからの雇用)
第10条 第2条に定める者を臨時職員又は嘱託職員として雇用する場合は,登録者の中から雇用するものとする。ただし,人材バンクに雇用勤務条件が合致する登録者がいない場合は,この限りでない。
2 被雇用者の決定は,面接等により厳正な人物の選考を行った上で行わなければならない。

(庶務)
第11条 人材バンクの管理運営に関する庶務は,福祉部健康推進課において処理する。

(補則)
第12条 この要綱に定めるもののほか,人材バンクの実施その他必要な事項については,市長が別に定める。

付則
この訓令は,公布の日から施行する。

この記事に関するお問い合わせ先

健康推進課
〒: 312-0016
ひたちなか市松戸町1丁目14番1号
電話: 029-276-5222
ファクス: 029-276-0209
健康推進課へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日