二十歳になったら国民年金

国民年金は,年をとったときやいざというときの生活を,現役世代みんな で支えようという考えで作られた仕組みです。また,国民年金は 20 歳以 上 60 歳未満の方は加入することが義務付けられています。 20 歳になったら,忘れずに国民年金の加入手続きをお願いします。

国民年金の加入の方法

20歳の誕生月の前月又は当月上旬に日本年金機構「国民年金被保険者資格取得届書」が送付されますので,必要事項を記載し,市役所または年金事務所に提出してください。
また、保険料の納付猶予制度や学生納付特例制度の申請書を同時に提出することもできます。(学生納付特例制度の申請をされる場合は,学生であることの証明が必要です。ご不明な点は,市役所または年金事務所へご相談ください。)
また,同時に付加保険料の納付申し出や,前納を希望する場合には,用意していただくものがある場合がありますのでご相談ください。

加入の際に必要なもの

  • 印鑑(本人以外が申請される場合)
  • 窓口に来られる方の身分証明書

納付の方法

加入手続きをすると「年金手帳」が届きます。
年金手帳は,保険料納付の確認や将来年金を受け取る際に必要です。大切に保管してください。
年金手帳送付後「国民年金保険料納付書」が届きます
納付書で保険料を納めてください。(ご自身の生年月日の前日が含まれる月の分からの保険料。)
保険料は金融機関のほか,コンビニエンスストアでの納付,電子納付もできます。また,口座振替やクレジット納付も可能です。
また,納付書は国民年金の加入と同時に保険料の納付猶予などを申請した方にも送付されます。

この記事に関するお問い合わせ先

国保年金課 年金係
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)1185,1186
ファクス: 029-271-0852

更新日:2017年02月01日