産前産後期間の国民年金保険料免除について

 

次世代育成⽀援の観点から、国⺠年⾦第1号被保険者が出産した際に、出産前後の⼀定期間の国⺠年⾦保険料が免除される制度が平成31年4⽉から始まりました。

 

〇国民年金保険料が免除される期間

出産予定日又は出産日が属する月の前月から4か月間(以下「産前産後期間」といいます。)の国民年金保険料が免除されます。
なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日又は出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。

※ 出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産、流産、早産された方を含みます。)

※平成31年4月分以降の保険料が対象となります。

 

〇対象となる方

「国民年金第1号被保険者」で出産予定日または出産日が平成31年2月1日以降の方


〇届出時期

出産予定日の6か月前から届出可能ですので、速やかに届出ください。

※出産日が平成31年2月1日以降の方で届出をしていない方は,遡及して届出が可能です。

 

〇必要書類について

・本人確認書類(免許証,パスポート,マイナンバーカード,保険証等)

・年金手帳

・出産前に届書の提出をする場合→母子健康手帳など

・出産後に届書の提出をする場合→被保険者と子が別世帯の場合のみ,出生証明書など出産日及び親子関係を明らかにする書類

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

国保年金課 年金係
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)1185,1186
ファクス: 029-271-0852

更新日:2020年02月17日