年金生活者支援給付金制度について

 

令和元年10月1日より年金生活者支援給付金制度がはじまりました。

年金生活者支援給付金は、公的年金等の収入や所得額が一定基準以下の年金受給者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。

 

受け取りには請求書の提出が必要です。ご案内や事務手続きは、日本年金機構(年金事務所)が実施します。

 

■対象となる方

<老齢基礎年金を受給している方>

以下の要件をすべて満たしている必要があります。

・65歳以上である

・世帯全員の市町村民税が非課税となっている

・年金収入額とその他所得額の合計が約88万円以下である

<障害基礎年金・遺族基礎年金を受給している方>

前年の所得額が約462万円以下である方

■請求手続き

1  平成31年4月1日以前から年金を受給している方

対象となる方には、日本年金機構から請求手続きのご案内が令和元年9月以降に送付されています。

 

請求手続きが令和2年1月以降となる場合は,請求した月の翌月分からの支給となりますので,未提出の方は、お早めに同封のはがき(年金生活者支援給付金請求書)を記入し日本年金機構宛に提出してください。

 

2  平成31年4月2日以降に年金を受給し始めた方

年金の請求手続きと併せて年金事務所または市区町村窓口で手続きをしてください。

なお、既に年金の請求手続きがお済の方は、手続き不要です。

 

※ご案内が届いていない方(該当とならなかった方)であっても,世帯構成や所得に変更があった場合は受給できる可能性がありますので,その際は下記までお問い合わせください。

【問合せ】

・給付金専用ダイヤル  0570-05-4092

・水戸北年金事務所     029-231-2283

・市役所 国保年金課年金係(10番窓口)

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

国保年金課 年金係
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)1185,1186
ファクス: 029-271-0852

更新日:2020年01月29日