在宅医療・介護連携推進室

新着情報NEW

在宅医療・介護連携推進事業に取組んでいます

市の平成31年4月1日現在の高齢化率は25.7%,75歳以上の割合は12.9%ですが,団塊の世代が75歳以上となる平成37年には,高齢化率が27.6%,75歳以上の割合が16.2%となり,医療と介護の両方を必要とする状態の高齢者が増えていくと予測されています。

そのため,高齢になっても,住み慣れた地域で自分らしい暮らしをできるだけ続けることができるよう,在宅医療と介護を切れ目なく提供できる体制を目指し,下記の8項目からなる「在宅医療・介護連携推進事業」に順次取組んでいるところです。

  1. 地域の医療・介護の資源の把握
  2. 在宅医療・介護連携の課題の抽出と対応策の検討
  3. 切れ目のない在宅医療と介護の提供体制の構築推進
  4. 医療・介護関係者の情報共有の支援
  5. 在宅医療・介護連携に関する相談支援
  6. 医療・介護関係者の研修
  7. 地域住民への普及啓発
  8. 在宅医療・介護連携に関する関係市区町村の連携

ひたちなか市在宅医療・介護連携推進協議会

研修会・講演会等

医療・介護関係者のための相談窓口

在宅医療・介護に関する情報

リンク集

この記事に関するお問い合わせ先

高齢福祉課 在宅医療・介護連携推進室
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)7235
ファクス: 029-354-6467
高齢福祉課へのお問い合わせ

更新日:2018年08月25日