子ども・子育て支援事業計画

子ども・子育て支援事業計画

計画策定の趣旨

 平成24年8月に子ども・子育て関連3法が成立し,平成27年4月より幼児期の学校教育・保育,地域の子ども・子育て支援に全国共通の仕組みを定めた「子ども・子育て支援制度」が本格施行されます。市町村には,平成27年度を初年度として5年を1期とする「子ども・子育て支援事業計画」の策定が義務付けられたことから,市では,これまで取り組んできた「ひたちなか市次世代育成支援行動計画」の基本理念を継承したうえで,本市の実情に即した子ども・子育て支援が「家族の絆」や「地域の絆」を強化・再構築することで実現できるように新たな計画を策定するものです。

基本理念と基本方針

  1. 基本理念 「子どもの健やかな成長を見守る 絆で結ばれた地域の実現」
  2. 基本方針
    (1)子育ち支援
    全ての子どもたち一人ひとりが人と人との関わりを通して豊かな人間性を育み,自立した次代の親・地域の担い手になることを支援します。
    (2)親育ち支援
    子は親を見て育つものであり,だからこそ親は自分を律し,成長する必要があります。と同時に,子が本来持っている育つ力に親が気付き,それを引き出し,活かしてあげることができるよう親育ちを支援します。
    (3)子育て支援による地域(まち)育ち支援
    地域における「子育て・子育ち」を介して「家族の絆」,「地域の絆」を強化,再構築し,その結果として「地域(まち)育ち」を支援します。

計画期間

平成27年4月1日から平成32年3月31日(5年間)

子ども・子育て支援事業計画

計画の詳しい内容は,以下のとおりです。

この記事に関するお問い合わせ先
児童福祉課
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(代表)
ファクス: 029-272-2940
児童福祉課へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日