2019年度保育所・保育園の入所に関して

全国的に保育所(園)を必要とする方が増えており,本市においても認可保育所(園)への入所が大変難しくなっています。

そのような状況から,2018年4月には新たに2か所の保育園が開園しましたが,今もなお希望先の保育所(園)に入所することができず,空きを待っている方が多数いらっしゃいます。

申込みの際には,出来るだけ多くの保育所(園)をご見学の上,入所希望先をより多く選択していただくことをおすすめします。

申込期間等や提出書類が決められておりますので,お間違いのないようお申込みください。

2019年度保育所・保育園の入所に関して

入所資格

保育所(園)に入所できる児童は,ひたちなか市に住所があり,保護者が次のいずれかの事情にあるとともに,保護者以外の家族の方も児童を保育できない場合に限ります。

児童からみた祖父母が,65歳未満かつ無職で病気等もなく同居している場合は,家庭保育が可能とみなされます。

保育所・保育園の入所資格について

保育を必要とする理由

入所資格

就労

 月64時間以上の就労の方に限ります。(通勤時間は含みません。)

(注意)産休・育休中の方は,就労を理由とする入所は出来ません。
(注意)無報酬など正当な金銭的収入を目的としない(県基準最低賃金未満)労働や,家業の手伝い,自家用の農業,ボランティア活動等,生計に寄与しないものは就理由での入所はできません

妊娠・出産

出産の前後(産前:出産予定月を含む2か月,産後:2か月)である場合。

(注意)期間中は就労理由等による入所はできません。最長4か月のみの入所となります。就労中であっても,妊娠・出産による入所の方は,期間終了後に退所となります。その後,就労理由等での利用には別途新規申し込みが必要です。

保護者の疾病等

 保護者の疾病や負傷,心身の障害により児童の保育ができない場合。

病人の看護等

 家庭内外に長期にわたる病人や,心身に障害のある人がいるため,保護者がいつも看護等にあたっていて児童の保育ができない場合。

災害復旧

 火災,風水害又は地震などの災害を受け,その復旧の間である場合。

求職活動(起業準備を含む)

 昼間,求職活動や起業準備などで児童の保育ができない場合。
(注意)3か月のみ(年度内1回まで)の入所となります。

就学

 就労の条件に準じます。
(注意)職業訓練校等における職業訓練を含みますが,通信等による自宅での資格取得等められません

上記以外

 その他,上記以外の理由により児童の保育ができない場合。

 

 保育の実施期間

保育所(園)によって受け入れ対象の年齢が異なりますが,終了は小学校就学までの希望する期間となります。ただし,母親の出産や保護者の疾病,求職活動等の場合などは,実施期間が限定される場合があります。また,入所中であるにもかかわらず,入所資格が無いと判断した場合や,長期間欠席が続く場合等,入所の解除をする場合があります。再度,別の理由による入所を希望する場合は,新規での申請書が提出された後に入所審査を行います。

当市に転入予定の方について

希望月の前月末までにひたちなか市への転入が確実な方は,転入前でも申し込みをすることができます。ただし,転入先の住所と転入日が確実になってから,ひたちなか市の様式を使い,ひたちなか市へ申請してください。未定の場合は,申請先は現住所地の役所となり,審査上も市外児扱いとなります。

育児休業明けによる職場復帰の方について

育児休業明けに伴う職場復帰日や,就労を開始する日が月の15日までになる方については,慣らし保育(早めのお迎え)を考慮して,復帰月の前月からの申し込みができます。
育児休業の復帰・延長については労使間の取り決めとなりますので就労先へ,各種給付等については管轄のハローワークへ,必ず事前にご自身の責任においてよくご確認ください。

出生前の児童の申し込みついて

4月入所希望の申し込み・申請に限り,出生前の児童の申請を受け付けています。施設により0歳児クラスの受け入れ可能月齢が異なりますので,希望保育所(園)の選択の際には,よくご確認ください。

受付期間

4月入所について

本受付:2018年11月1日から11月30日まで(土・日・祝を除く)
(受け入れ状況は11月5日午後5時以降に掲載。結果通知は2019年1月17日発送予定。)

補欠受付:2019年1月21日から1月31日まで(土・日を除く)
(受け入れ状況は1月18日午後5時以降に掲載。結果通知は2019年2月20日発送予定。)

(注意)入所保留となった場合,次回審査は5月入所審査となります。それまで入所はできませんので,お申し込み内容等について何度も検討し,よくご確認の上,申請してください。
(注意)2018年度内の各月の入所申し込みを並行して受け付けています。
(2018年度パンフレットをご覧ください)

5月入所以降

入所希望月の前々月の11日から前月の10日まで(土・日・祝を除く)
(10日が休日の場合は,次の開庁日まで)
(受け入れ状況は毎月5日頃午後5時以降に掲載。結果通知は毎月20日発送予定。)


市内にお住まいの方で,他市町村の保育所(園)に入所させたい場合は,市町村によって受付期間が異なりますので,必ず希望先の市町村へお早めにお問い合わせください。

受付場所・受付時間

受付場所:市役所第3分庁舎1階児童福祉課,那珂湊支所保険福祉担当窓口

※2019年度入所より,個人情報保護等の観点から市内保育所(園)での受付は行いませんので,兄弟姉妹が在園している場合でも必ず上記のいずれかで受付をしてください。

受付時間:8時30分から17時30分(土・日・祝日等除く)

※時間外での受付は行いませんのでご注意ください。

入所の申し込みから入所までの流れ

1.申込締切:毎月10日

  • 4月入所は事務が集中し審査に時間が掛かるため,別規定日となります。
  • 10日が土・日・祝日等の場合は,次の開庁日が申込締切となります。
  • 各園の受け入れ状況は,毎月5日頃午後5時以降に市ホームページに掲載します。
  • 他市町村の入所を希望する場合は,当市と希望先市町村のうち,早い日にちの方が締め切りとなります。

2.支給認定

保育が必要な方の支給認定を行います。
保育の必要量に応じ,標準時間か短時間利用を選択します。
(認定証については入所承諾書と合わせて送付します。)

3.入所審査(利用調整)

保育所の空き状況や,申請書の内容等により保育所(園)への入所の可否を審査・判断をします。

  • 申込みの早い順,長期間の空き待ち等は審査に関係しません。
  • 審査結果は郵送で通知します。(電話問合せ等不可)

4.入所決定

 入所の可否については「入所承諾書(兼保育料決定通知書)」「入所保留通知書」で通知します。

  • 毎月20日に発送予定(曜日等により前後します。4月入所は別規定日)
  • 入所「可」の場合,保育所(園)からも連絡が入ります。

5.入所:翌月1日

慣らし保育開始

  • 児童の状態により期間は変わります。目安:約1~3週間程度
  • 上記以外についても,預け方は施設長の指示に従って下さい。

(注意点)

  • 児童を取り巻く状況が不明確な場合等は,必要に応じて提出書類の追加や,現地確認・面接等を実施します。
  • 書類に虚偽があった場合は申し込み取り消しとし,入所後に明らかになった場合は,退所(園)になります。

入所保留,翌月も再審査を希望する場合

申込みをされても,希望者が多数いるため希望する保育所(園)へ入所できない場合(入所保留)と,保育所(園)へ入所する基準に該当しないために入所が認められない場合があります。あらかじめ認可外保育施設や一時預かり等その他の代替手段についてもご確認ください。

育児休業の復帰や延長,育児休業給付等については,入所保留となった場合に備えて,必ずご自身で事前に就労先やハローワーク等によくご確認ください。

希望月に入所できない場合は,「入所保留通知書」に同封の「次回審査の連絡票」の提出により,翌月の審査に持ち越すことが出来ます(電話等不可)。申込み内容に変更がある時はこの用紙に記入してください。長期間の空き待ちとなっている事や申し込みの早い順は,入所の可否に関係しません。

申請書類

2019年度中の入所を希望する方は,2019年度用の書類を用いてください。(申請児童ごとに一式必要です)
(兄弟姉妹で保護者が保育できない状況を証明する書類について,原本1部,その他をコピーとすることも可能です。その場合には,兄姉の申請分には原本を添付し,それ以外の児童の申請分にコピーを添付してください。コピーの余白部分には,「(児童名)に原本あり」と記入し,保護者署名・捺印してください。)

≪2019年度≫支給認定申請書兼入所申込書【新規用】(PDF:165.9KB)

(記入例)支給認定申請書兼入所申込書【新規用】(PDF:224.3KB)

≪2019年度≫家庭状況申立書兼調査票【新規用】(PDF:80.3KB)

(記入例)家庭状況申立書兼調査票【新規用】(PDF:336.3KB)

 

≪2019年度≫就労証明書(兼育児休業証明書)(Excelブック:23.3KB)

≪2019年度≫就労証明書(兼育児休業証明書)(PDF:186.9KB)

(記入例)就労証明書(兼育児休業証明書)(PDF:410.6KB)

就労証明書(国標準様式)【ひたちなか市の様式での作成が困難な場合等にはこちらの様式をご使用ください】(Excelブック:31.9KB)

⇒※2019年度入所希望の方は,こちらの様式をご使用ください。

≪2020年度≫就労証明書(兼育児休業証明書)(Excelブック:36.9KB)

(記入例)≪2020年度≫ 就労証明書(兼育児休業証明書)(PDF:196.6KB)

⇒※2020年度(令和2年度)継続入所のための現況届,2020年度4月入所希望の方はこちらの様式をご使用ください。(2019年度とは様式が異なりますので,お間違いのないようご注意ください。)

 

≪2019年度≫自営(農業)等就労状況(予定)申告書(PDF:144.8KB)

(記入例)自営(農業)等就労状況(予定)申告書(PDF:187.9KB)

≪2019年度≫求職活動等状況申告書(PDF:162.9KB)

(記入例)求職活動等状況申告書(PDF:149.9KB)

≪2019年度≫児童状況申告書(PDF:95.7KB)

(記入例)児童状況申告書(PDF:116.4KB)

≪2019年度≫保育利用に関する確認票及び同意書(PDF:109.6KB)

(記入例)保育利用に関する確認票及び同意書(PDF:115.5KB)


【転園用】≪2019年度≫支給認定申請書兼入所申込書(PDF:194.6KB)
【転園用】家庭状況申立書兼調査票(PDF:77KB)
(注意)その他の添付書類は新規入所と同じ様式を使用してください。
(注意)転園希望申請は兄弟姉妹別園に在園している,他市町村入所中等のやむをえない場合を除き,4月入所審査時のみです。


(見本)口座振替用紙(JPEG:214.8KB)
(記載例)診断書(PDF:71.4KB)
(記載例)意見書(PDF:67.3KB)


保育所におけるアレルギー疾患生活管理指導表(PDF:273.3KB)
(注意)入所決定後に保育所(園)に提出

その他の様式等

申し込み事項に変更があった場合はあらためて諸届出等が必要となります。
≪2019年度≫変更申請兼変更届(PDF:70.1KB)
(注意)認定変更をする月の前月10日までに提出してください。

≪2019年度≫退所届(PDF:66.1KB)
 (注意)退所月の10日までに提出してください。

≪2019年度≫保育所入所辞退願(PDF:54.1KB)
(注意)入所承諾書に記載の辞退締め切り日までに提出してください。

≪2019年度≫連絡票(PDF:157.5KB)
(注意)再審査希望月の前月10日までに提出してください。

≪2019年度≫保育料領収済通知書作成依頼書(PDF:33.1KB)
 (注意)依頼書は郵送または持参により児童福祉課にて受付し,後日,郵送にて通知します。

住所地以外の保育所(園)へ入所させたい場合(広域入所)

保護者の就労先や里帰り出産などにより,住所地の保育所(園)では児童の送迎が困難となる場合には,他市町村の保育所(園)への入所が可能となります。ただし,希望保育所(園)が所在する市町村の承諾を得られた場合に限ります。まず,希望する保育所(園)が所在する市町村の保育所担当課に,申し込み締切日や受入状況を確認したうえで,締切日の7日前までに「ひたちなか市児童福祉課」までお申し込みください(ひたちなか市と申し込み先市町村を比べて締切日が早い方が,申し込みの締切日となります)。

入所及び保育料の決定についてはひたちなか市より通知します(ひたちなか市保育料徴収基準額による)。

  • 希望する市町村に父母の就労先がある,もしくは祖父母宅があることが原則となります。
  • ひたちなか市内の保育所(園)との併願はできません。希望先保育所(園)は同一市町村内のみとなります。
  • 申込書等一式は,ひたちなか市の様式を用いてください。
  • 全ての保育所(園)が,他市町村の児童の入所を受け入れているとは限りませんのでよくご確認ください。
  • 他市町村において,月初日以外の入所日(例:16日入所など)を設定している場合でも,ひたちなか市の保育の必要性の認定基準日は月初日からとなるため,月途中入所の申し込みはできません。
  • 市町村や保育所(園)によっては,保育料以外の諸費用を直接請求する場合があります。
  • 他市町村への申し込み締切日がひたちなか市より早い場合,前述の受付期間に限らず受付します。
  • ひたちなか市外在住でひたちなか市内の民間保育園を希望する場合も,ひたちなか市内に就労先,もしくは祖父母宅があることが原則となります。なお,この場合,市内の方の利用を優先します(入所率が90%を超える場合,新規入所は不可)。また,ひたちなか市内の公立保育所は,市外在住の方は利用できません。
  • 転出予定での申し込み方法は転出先市町村によくご確認ください。

申し込み後,次の場合は必ず市児童福祉課へ連絡してください

  • 申込みの意思又は理由がなくなったとき(キャンセル)。入所決定後に辞退する場合(初月分の保育料が掛かることがあります),保育所(園)にも連絡してください。
  • 電話番号・家庭状況・就労先・就労状況等が変わったとき(転居,転職,育児休業など)
  • 児童の保育状況が変わったとき(認可外保育施設入所,一時預かり事業の利用など)

申込み後に希望する保育所(園)を変更する場合は,市児童福祉課窓口までお越しください。

入所後,次の場合は市児童福祉課へ申請・届出等の手続きをしてください。

  • 家庭・世帯・課税状況が変わったとき(婚姻・離婚等)
    保育料の変更がある場合は,事実発生日の翌月分から適用となります。
  • 市内で転居したとき
  • 市外へ転出するとき
    公立に入所している方は,市外に転出した場合,現保育所への継続入所はできません。私立に入所している方は,就労先や祖父母宅が当市に無ければ,継続入所はできません。
  • 退所するとき
    退所月の10日までに退所届を提出してください。それを過ぎた場合は,翌月分の保育料が掛かります。
  • 法に基づく育児休業を取得するとき
    提出のない場合,新たに生まれたお子様の入所申し込みをされてもお断りする場合があります。
  • 認定内容が変更になる場合は,前月の10日までに申請してください。
    例:下の子の育児休業の取得に伴い,短時間利用に変更する。または復帰に伴い,標準時間に変更する。
  • 家庭での保育が可能になったとき,保護者等が退職し早期に再就職の予定がないとき,長期欠席するとき。
  • 就労先が決まったとき,もしくは変わったとき,退職したとき。
  • 口座を変更するとき(提出した月の翌月以降の変更となります)

家庭状況や就労先の変更,退所する場合など,入所する保育所(園)にもご連絡ください。

次年度も引き続き入所させたい場合(更新の手続きについて)

次年度も引き続き保育所(園)へ入所させたい場合は,更新の手続き(現況届)が必要となります。詳細については,入所する保育所(園)からご案内いたします。現況届により,次年度利用の可否,保育料等を確認致します。
次年度も利用可能(更新可能)な場合は,次年度前期の保育料通知まで特段の連絡はありません。

利用時間やお休み等について

認可保育所(園)は,年末・年始と日曜・祝日がお休みです。ただし,休日保育事業を実施している園(利用の仕方については直接お問合せください)では,年末・年始以外の日曜・祝日も開設しています。また,平日であっても,保育所(園)で規定する「希望保育日」等がある場合があります。

なお,入園後の実際の保育時間は,保育園の開設時間や認定時間とは異なります。入園後,各施設長・園長が児童の状態や,保育の必要性,ご家庭の状況等(保護者の就労の実態等)に応じて,日々の保育時間や利用日数を決定しますので,指示に基づいて利用してください。また,ならし保育についても同様です。

その他の注意事項

  • 支給認定申請書兼保育所入所申込書,就労証明書等各種提出書類に虚偽の記載が判明した場合,入所内定および決定を取り消します。
  • 就労証明書の有効期限は申請時点で発行日から3か月以内です。
  • 入所審査・利用調整は,締切日までに提出した書類によって行います。(締切日以降に提出された書類は次回の審査の対象です。)
  •  提出した書類の内容について,就労先等へ電話や訪問などにより確認する場合があります。
  • 4月入所・認定に関しては利用に向けた認定事務が集中するため,保育の必要性の認定については,入所審査の結果と同時期にお知らせします。
  • 申込書に記載された入所希望月において,入所できた方へは入所決定通知を,入所できなかった方へは入所保留通知を発行します。
  • 申込書の有効期限は,支給認定の有効期限または入所希望月の属する年度の末日のうちいずれか早い時期となります。引き続き入所を希望される場合は期限が切れる前に改めて申込みが必要です。有効期限が切れても改めての通知はありません。
  • 求職中で申込み後,就労先が決定または就労を開始した場合は,支給認定変更認定申請書,および就業後の就労証明書の提出が必要です。また,就労の内容に変更があった場合も,支給認定変更認定申請書および就労証明書の提出が必要です。
  • 申込み後に家庭状況(仕事,妊娠,出産,引越し等)に変更があった場合,必要書類を提出していただきます。速やかにお手続きください。
  • 締切日までに市民税の税情報等が確認できない場合,退所または入所取り消しとなります。
  • 内定後,入所前に施設長との面接およびお子さんの健康診断が必要です。その結果,集団保育での対応が困難と判断された場合,内定が取り消しとなることがあります。
  • 食物アレルギーのあるお子さんについては,入所の決定後に「生活管理指導表」を保育所 (園)に提出していただきます。ご協力ください。
  • 入所後,必要に応じてお子さんの保育が必要である状況を確認するため,就労証明書等を再提出していただく場合があります。
  • 入所後に出産し育児休業を取得する場合,ご家庭でお子さんを保育できる状況となりますが,支給認定変更認定申請書,育児休業証明書を提出することにより,原則,育児休業対象のお子さんが1歳に達する年度末まで在園することができます。(原則短時間保育となります。)
  • 育児休業中または終了後に復職せず退職(転職含む)した場合や,復職が確認できない場合は,内定取り消しまたは退所になります。(復職とは育児休業を取得した就労先に職場復帰することです。)
  • 登園が月に一度もなかった場合や,入所辞退・退所届が遅れた場合にも,1か月分の保育料が掛かります。入所の意思が無くなった時は期日までに退所届(当月10日まで)・辞退願 (別規定日)をご提出ください。
  • 認可保育所(園)に在園している児童の兄・姉が幼稚園・認定こども園などに在園している場合は下の児童の保育料が軽減されます。年度毎に在園証明書が必要となる場合があります。
  • 求職や出産を理由に入所された場合,期間満了をもって退園となります。(求職を理由とした入園期間は3か月,出産を理由とした入園期間は出産予定月を含む4か月までです。)
  • ご家庭でお子さんを保育できる状況となった場合は,退園となります。
  • 市外に居住する方は,ひたちなか市内の公立保育所は利用できません。私立の園は,保護者の就労先か児童の祖父母宅がひたちなか市内に無い場合,利用できません。
  • 入所内定後または入所中,必要な個人情報については,保育園へ情報提供させて頂きます。
この記事に関するお問い合わせ先

児童福祉課 保育担当
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)7225,7226
ファクス: 029-272-2940
児童福祉課へのお問い合わせ

更新日:2019年12月06日