新型コロナウィルス感染症対策に関する自立支援医療(精神通院・更生医療・育成医療)受給者証の更新手続きについて

自立支援医療(精神通院・更生医療・育成医療)の有効期間を1年延長します。

新型コロナウィルス感染症の発生状況を考慮し,更新申請の診断書等の取得のみを目的とした受診を回避するため,「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)施行規則の一部を改正する省令」が令和2年4月30日に施行され,自立支援医療(精神通院・更生医療・育成医療)の受給者証の有効期間が,手続き不要で1年延長されることになりました。

対象となる方

自立支援医療受給者証に記載されている有効期間の終期が「令和2年3月1日から令和3年2月28日まで」の方

受給者証の取扱い

有効期間が1年延長された受給者証は発行されませんので,現在お持ちの受給者証を引き続きご利用ください。

既に更新手続きをお済みの方(精神通院医療のみ)

茨城県から新しい受給者証が発行されます。

まだ更新手続きをされていない方(精神通院医療のみ)

対象となる方は,今回の更新手続きは不要です。お持ちの受給者証を引き続きご利用ください。現在の受給者証に「医療用2年目」と記載がある方は,次回の更新時には診断書が必要ですのでご注意ください。

既に診断書がお手元にある方については,更新手続きをされた方が良い場合がありますので,障害福祉課までお問合せください。

この記事に関するお問い合わせ先
障害福祉課
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)7211,7212,7213,7214
ファクス: 029-272-2940
障害福祉課へのお問い合わせ

更新日:2020年06月24日