早戸川水質改善推進事業とは

早戸川水質改善推進事業とは

市第2次環境基本計画リーディングプロジェクトの1つです

早戸川水質改善推進事業は,市第2次環境基本計画において,目指す環境像である『暮らしと自然が共生し,ゆとりと潤いのある自立協働都市』を実現するために,先導的役割を果たすリーディングプロジェクトの1つです。

背景・目的

本市では,家庭からの排水や事業所からの排水による水質汚濁の防止を図るため,公共下水道・農業集落排水施設の整備及び合併処理浄化槽の普及等,汚水処理施設の普及に取り組むとともに,事業所に対し水質汚濁防止法等の公害関係法令による規制を行い,現在では市内のほとんどの河川がBODの環境基準を達成しています。

しかしながら,一部の河川ではいまだに環境基準を達成できておらず,特に,早戸川の小高橋下地点では,市内で最もBODが高く,平成27年度で,9.1(mg/L)と環境基準値5(mg/L)を大幅に超過している状況が続いており,近年では,県内で最もBODが高い地点となっております。早戸川の中流では,家庭からの排水が大半を占めるおさえん川と工業団地からの排水が大量に流入するため,小高橋下地点は,上流と比較するとBODが高くなっています。

このため,原因を究明した上で,早戸川流域の 家庭については,単独処理浄化槽及び汲み取り便槽から合併処理浄化槽への転換の推進及び浄化槽の 適正な維持管理の啓発を行い,事業所については, 公害関係法令による規制や指導を継続するとともに,排水監視や立入調査を強化していく必要があります。

実施内容

環境基準値超過の原因究明

〇早戸川の測定地点を追加し水質を調査します。

〇流入河川のおさえん川について新たに水質を調査します。

〇原因を究明し,効果的な対策を講じます。

環境学習の推進

市民や事業者に日常生活や事業活動による早戸川への影響を理解してもらうとともに, 水質の改善のために,日常生活や事業活動でできることを考える機会を提供します。

実施目標

早戸川(小高橋下)のBODについて,平成32年度までに,5.0(mg/L)以下を目指します。

実施工程

環境基準値超過の原因を究明し,家庭に対し,単独処理浄化槽及び汲み取り便槽からの合併処理浄化槽への転換を推進するとともに浄化槽の適正な維持管理を啓発するほか,事業者に ついては,公害関係法令による規制や指導を継続し,排水水質の監視や立入調査を強化します。また,出前講座等の環境学習により,市民や事業者が早戸川の水質改善のために日常生活や 事業活動でできることを考える機会を提供します。

この記事に関するお問い合わせ先
環境保全課 環境対策係
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)3311
ファクス: 029-272-2435
環境保全課へのお問い合わせ

更新日:2017年09月20日