ひたちなか市のアスベスト(石綿)対策

 最近,アスベスト製品製造工場の従業員や家族,工場周辺住民等が中皮腫などの被害にあったとの報道がなされ,大きな社会問題となっています。

 アスベストは不燃性,耐摩耗性,耐酸・耐アルカリ性,吸音性などの特性を持っており,多くの工業製品,建築物や建材など,私たちの身近なところに使用されているため,健康に対する不安が広がっています。

 アスベストの用途は3,000種といわれ,大きくはアスベスト工業製品と建材製品に分けられ,その約9割は建材製品です。昭和30年ごろから使われ始め,鉄骨造建築物などの軽量耐火被覆材として昭和40年代の高度成長期に多く使用されています。

 ひたちなか市では,危機管理対策本部設置要綱に基づき対策本部を設置し,情報収集,使用実態調査,相談窓口の設置などを行い,市民の健康被害の防止,不安解消のため,次のとおりアスベスト対策に取り組んでいます。

市の施設

 アスベストの建築物への使用については,飛散性のものとして吹き付けアスベスト,アスベスト含有吹き付けロックウール等,アスベスト含有吹き付け材,非飛散性のものとしてアスベスト含有スレート,サイディングなど建材としての使用があります。

下記リンク先のQ6.アスベスト含有建築物の解体時の法規制はどのようなものがありますか?をご覧下さい。

民間建築物

 吹き付けアスベストは,一般的に大規模な建築物に使用されていることから,延べ床面積1,000平方メートル以上の市内民間建築物の使用実態調査を行っています。アスベストの使用が確認された場合には,関係機関と連携し,飛散防止の適正な措置をするよう指導していきます。

相談・問合せ窓口の設置

アスベストに関する市民や事業者の皆さんからの相談・問合せに,各窓口で対応しています。

  • 総合的な相談:環境保全課(内線 3311)
  • 建築解体工事に関すること:建築指導課(内線1351)
  • 廃棄物に関すること:廃棄物対策課(内線3326)
  • 健康不安に関すること:健康推進課(電話029-276-5222)

アスベスト情報の提供

この記事に関するお問い合わせ先
環境保全課 環境対策係
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(内線)3311
ファクス: 029-272-2435
環境保全課へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日