受益者負担金

下水道が整備された区域にかかる負担金について説明します。

受益者負担金(分担金)とは?

公共下水道が整備されると,生活環境が向上することによって,私たちの生活に大きな利便をもたらします。

しかし,下水道を利用できるのは整備区域内の方に限られるため,下水道建設費を市税等でまかなうと,下水道を利用できない方にまで負担をかけ,不公平が生じることになります。

そこで,下水道が利用できるようになる方々に,下水道建設費の一部を負担いただき,整備推進を図ろうとするのが受益者負担金(分担金)です。

また,受益者負担金(分担金)は,対象となった土地(受益地)に対して1回限りの賦課となります。

受益者

下水道が整備された区域内に土地を所有している方が「受益者」となります。

ただし,その土地が地上権,質権又は使用貸借若しくは賃貸借による権利を設定している場合には,所有者やこれらの権利を有している方々で協議し,受益者をとなる方を指定していただきます。その申出を基に,受益者の認定を行います。

「下水道整備による利益」を「受益」と呼び,具体的には

  • 生活環境の向上
  • 土地の資産価値の増加
  • 汚水処理施設を自前で整備する必要がない

を指します。

このことから,下水道に接続している,していないにかかわらず,受益者負担金(分担金)は賦課されることになります。

負担金(分担金)の申告

下水道受益者負担金(分担金)は,申告に基づいて賦課します。

下水道が整備された区域内に土地を所有している方に,毎年(1月下旬から2月上旬)

を送付いたします。

下水道受益者負担金(分担金)申告書の見本を写した写真

負担金(分担金)の賦課決定

提出された申告書に基づき,受益者負担金(分担金)を賦課決定します。(申告書の提出がないときは土地所有者を受益者と認定することになります)

この記事に関するお問い合わせ先
下水道課
〒: 312-8501
茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
電話: 029-273-0111(代表)
ファクス: 029-272-7974
下水道課へのお問い合わせ

更新日:2017年02月01日