子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)予防接種

ページID1005719  更新日 2022年8月26日

印刷大きな文字で印刷

子宮頸がん(HPVワクチン)予防接種の勧奨の再開について

【これまでの経緯】

子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)予防接種(以下、HPVワクチン)は、平成25年4月1日から定期予防接種として実施していましたが、接種後の痛みや運動障害などの多様な症状の報告が相次いだことから、同年6月14日から現在まで積極的な勧奨を差し控えていました。令和3年11月26日厚生労働省の通知により、予防接種検討部会等において、改めてHPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められたため、HPVワクチンの接種勧奨を再開することとなりました。

【ひたちなか市の対応】

今回の国の通知を受け、市は接種の勧奨を再開し、令和4年度、定期接種対象となる方に「接種に必要な予診票」と「お知らせ、実施協力医療機関の同封文書」を送付しました。

高校1年生女子については令和4年3月末、中学1年から中学3年生女子は、5月13日(金曜日)に発送いたしました。

※同封文書の「接種時期」の項目でふれている「接種期間の延長」について:令和4年度高校1年生相当(成18年4月2日から平成19年4月1日生)及び中学3年生(平成19年4月2日から平成20年4月1日生)は、令和7年3月31日まで接種期間を延長します。

※同封文書の内「子宮頸がん予防接種実施医療機関名簿 令和4年3月」の「はやかわクリニック」では、子宮頸がん定期予防接種を実施しておりません。

〔令和4年度 定期接種対象者〕

  • 令和4年2月28日現在、当市に住民票のある 中学1年生から高1年生の女子
  • 市が保有している予防接種履歴においてHPVワクチンの予防接種履歴がない女子

※令和4年度定期対象者で、積極的勧奨の差し控え中に、HPVワクチンの予診票の交付を受けた方について、未接種の場合は、当市が予防接種歴を把握していないため予診票が送付されます。ご了承ください。

今回送付しました「ピンク色」予診票が勧奨再開後のHPVワクチンの予診票となりますので、お手元の「白色」の予診票は破棄してくださいますようお願い致します。

なお、1回又は2回目の接種のみで、接種を完了していない方については、お手元の「白色」の予診票を継続して使用することができます。

令和4年2月28日以降に当市に転入されてきた方へ

他市町村より、当市に転入されてきた方で、HPVワクチンの接種を希望される方は、母子健康手帳、接種歴のわかるものをご持参のうえ、ヘルス・ケア・センターか那珂湊保健センター窓口にご来所ください。

接種歴により、必要枚数の予診票を交付いたします。 また、来所による交付申請を受けることが困難な方は、ヘルス・ケア・センターにご連絡ください。

キャッチアップ接種について〔厚生労働省通知 令和4年3月18日付〕

国は、HPVワクチンの積極的勧奨の差し控えにより接種機会が確保でなかった方に対して、公平な接種機会を確保する観点から、積極的勧奨を差し控えていた間の定期接種対象であった以下の方に対して『キャッチアップ接種』を行うと示しました。

  • 対象者 平成9年度生まれから平成17年度生まれ迄の女子で3回のHPVワクチンの接種を完了されていない方
  • 対象期間 令和4年4月から令和7年3月まで
  • 費用 無料
【ひたちなか市の対応】この通知を受け、市は対象となる方に予診票を6月24日(金曜日)に発送いたしました。

キャッチアップ接種予診票送付対象者

  • 平成9年4月2日から平成18年4月1日生の女子で、市が保有するHPVワクチン接種歴において、未接種の方、3回の接種を完了されていない方。接種を希望される方は、体調の良い時に受けてください。
HPVワクチンを定期接種期間を超えて、任意接種として自費で受けた方へお知らせ

キャッチアップ接種対象者のうち、定期接種対象期間を超えて、HPVワクチンを自費で受けた方に対して、市では、接種費用の一部について補助する制度を検討中です。対象となる方は、ヘルス・ケア・センター(電話276-5222)までお問い合わせください。

ご連絡を頂いた方で、対象となる方には、お知らせをお送りいたします。

HPVワクチンを過去に1回又は2回接種した後、接種を中断し、3回の接種スケジュールを最後まで完了されていない方へ
  • 接種を初回からやり直すことなく、残り回数の接種(2.3回目又は3回目)を行ってください。
  • 残りの回数の接種を行う場合、従来どおり、標準的な接種方法をとることが出来ない場合の間隔としてください。
  • 過去に接種歴のあるHPVワクチンと同一の種類のワクチンを使用してください。
  • 過去に接種したHPVワクチンの種類が不明である場合、キャッチアップ接種を実施する医療機関の医師と十分に相談した上でワクチンの種類を選択してください。
  • 上記の場合、結果として、異なる種類のHPVワクチンが接種される可能性がある為、医師よりワクチンの互換性に関する安全性、免疫原生及び有効性について説明を受けてください。

今後のHPVワクチンに関する情報は市報やホームページ等でお知らせします。

 

 

関連リンク

このページに関するお問い合わせ

健康推進課
〒312-0016 茨城県ひたちなか市松戸町1丁目14番1号
電話:029-276-5222 ファクス:029-276-0209
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。