水辺の楽校の活動

ページID1003162  更新日 2022年1月6日

印刷大きな文字で印刷

準用河川下江川では、水辺の楽校を作りました。枝川小学校の児童たちが、水辺での学習をしています。

水辺の楽校とは

近年、家庭や地域を取り巻く環境やライフスタイルの変化に伴って子どもたちが自然と接する機会が少なくなっています。このため、河川の持つ機能を生かし、自然教育の場・集団生活の場となるような河川の改修を行いました。

平成15年6月13日に枝川小学校の授業にお邪魔した時の写真です。
完成後約2年経過しましたが、だいぶ自然が再生してきました。
子どもたちからは、水辺の楽校に関するいろいろな鋭い質問が飛んできました。

写真:現在の水辺の楽校の様子


質問の後は実際に生き物を探して観察しました。

写真:生物を探す子ども達1


子どもたちが水辺の生き物を採取しているところです。

写真:生物を探す子ども達2


今回の授業ではたくさんの生き物が見つかりました。

写真:授業で採った生き物1

写真:授業で採った生き物2


以前下江川で採った生き物を飼育していました。ウシガエルのおたまじゃくしや、ベンケイガニ、ザリガニなど多くの生き物が飼われていました。

下江川の生き物を飼育している様子の写真


ひたちなか市立枝川小学校のホームページは下記リンクをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

河川課
〒312-8501 茨城県ひたちなか市東石川2丁目10番1号
代表電話:029-273-0111 ファクス:029-273-0279
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。