新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページID1011002 

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するとともに、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活を支援し地方創生を図るため、地方公共団体が地域の実情に応じてきめ細やかに必要な事業を実施できるよう創設された交付金です。

ひたちなか市でも、臨時交付金を活用して、様々な新型コロナウイルス感染症対策事業を実施しています。令和2年度は、国から1,228,362,000円の交付を受けて各事業に充当しました。

臨時交付金の実施状況と効果検証

事業の実施状況及び効果の検証については、下記のとおりです。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。